鳥瞰イラストでよみがえる歴史の舞台 歴史群像編集部・編

 日本の歴史を鳥瞰イラストでおえる紙であることを徹底的に活かした本。折り込みパノラマイラストが多数収録されていて、大きな机で広げて読めば楽しめる。
 読む前に机の片づけが必要な場合があるかもしれない。

 イラストレーターは板垣真誠・伊藤展安・香川元太郎・黒沢達矢・中西立太・藤井康文の各氏で、特に黒沢達矢氏と香川元太郎氏のイラストが多く、目立っていた。
 黒沢達矢氏のイラストは細かくきっちり描き込みされており、徹底的に細部を追いかけて発見する楽しみがある。
 香川元太郎氏のイラストは目になじむ色使いが特徴で、全体をゆったり把握できる。

 取り上げられている時代は壬申の乱から始まって現代の東京までで、やはり戦国時代と幕末が比較的多い。
 東京については徳川氏の江戸から順次変化を追いかけられる内容になっている。京都にいたっては平安時代から幕末までわかる。
 別の本で見覚えのあるイラストも散見されたけれど――たとえば真田戦記に載っていた真田郷周辺など――まとめて、カシミール3Dで作成された地形図などと一緒にみられる新鮮さがあった。
 戦国時代の解説はやや「定説」に傾きすぎに感じたが、紙数の関係もあったのかもしれない。

関連書評
別冊太陽 パノラマ地図の世界
俊英 明智光秀【才気迸る霹靂の知将】歴史群像シリーズ戦国セレクション

超ワイド&パノラマ 鳥瞰イラストでよみがえる歴史の舞台 (Gakken Mook)
超ワイド&パノラマ 鳥瞰イラストでよみがえる歴史の舞台 (Gakken Mook)
カテゴリ:歴史 | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0)

平城京のごみ図鑑 奈良文化財研究所 監修

 謀殺されたあげくにゴミを漁られる長屋王が心の底から気の毒になってきた……が、勤務評定によればブラック労働をさせていた(用人の自覚はどうあれ)ことが判明しており、ちょっと印象が変わった。
 表紙にもでている怖い顔の人物の落書きは長屋王邸前の溝から発見されているから、わずかながら長屋王本人の可能性もあるのかなぁ。詳しければ冠の形状からその可能性がないことは判断できそうだが、詳しくないのでわからない。

 トイレに関する記述が執拗に感じられるほど入念で少し圧倒されてしまった。基本は「おまる」の時代だからトイレの証拠をつかむことが難しい事情は、ヨーロッパなどの研究事例と共通していそうだ。
 トイレ研究家同士の国境を越えた連帯感みたいなものも世の中にはあるのかなぁ。

 関西弁で考古学者をストーカー呼ばわりしたり、フリーダムな言動をみせた不定形キャラクターの「ゴミドコさん」について、正体の説明が最後の方にある。
 気になって気になって気になって内容に集中できない場合は先に確認しておいた方がいい。

関連書評
奈良時代MAP〜平城京編 新創社 編

平城京のごみ図鑑: 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし (視点で変わるオモシロさ!)
平城京のごみ図鑑: 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし (視点で変わるオモシロさ!)
カテゴリ:歴史 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0)

「地球科学」入門 谷合稔

 地球の誕生から日本人の誕生まで。地球の歴史を一冊におさめた本。前ページカラーで、大量の画像を収録している。
 地球の悲鳴と題した環境問題を中心的にあつかったコラムもあって、地球環境に関心が高い人に向いている。

 ただし、本文は隙が見受けられ、学術的正確性に無頓着に感じられる部分もあった。コケを菌と表現していたり、ウミサソリの載ったヘッセルの本の表紙をバージェス生物群のものと解説していたりする。
 だんだん何のために読んでいるのか……という気分になってきた。「よくわかっていません」は真摯なのに、妙に印象に残ってしまう。

 ハワイのホットスポットが南に動いているために天皇海山列が北に曲がっているらしいなどの新しい知識も得られたので巧くつまみ食いしておきたい。

関連書評
惑星地質学 宮本英昭/橘省吾/平田茂/杉田精司
大地と海を激変させた地球史46億年の大事件ファイル ニュートンムック

「地球科学」入門 たくさんの生命を育む地球のさまざまな謎を解き明かす!
「地球科学」入門 たくさんの生命を育む地球のさまざまな謎を解き明かす!
カテゴリ:地学 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0)

エリザベス女王〜女王を支えた側近たち 青木道彦

 世界史リブレット人の051。
 エリザベス女王の人物に迫るよりも彼女がイングランドを治めた時代や側近たちに焦点を当てている。ただし、二つ収録された演説は女王ならではの力をもっていて、とても興味深かった。
 財政的には問題が多くて、彼女が亡くなったときに40万ポンド以上の借金を残してしまったというから、評判のよかった先代と比較されつつも、先代の残した文字通りの負の遺産を背負うことになったジェームズ六世が気の毒である。

 まぁ、エリザベス女王の先々代の後始末も、それはそれで大変だったはずだけど……。
 宗教問題と政治問題の関わりをみる上でも、英国国教会の成立過程は興味深かった。

 あと、エセックス伯のクーデター計画に変にワクワクしてしまった。

関連書評
世界の戦争6〜大航海時代の戦争 樺山紘一・編

エリザベス女王―女王を支えた側近たち (世界史リブレット人)
エリザベス女王―女王を支えた側近たち (世界史リブレット人)
カテゴリ:歴史 | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0)

ナショナルジオグラフィック世界の国〜イギリス

 レイチェル・ビーン著、ロバート・ベネット/マイケル・ダンフォード監修。
 まさか一冊にまとまっているとは思わなかった。日本語ではイギリスと書いてUnited Kingdomの英題がついているらしき本。みんなイギリス人と呼べるが、イングランド人、スコットランド人、ウェールズ人、北アイルランド人を好むという記述もUK人と表記されていたのかなぁ。

 歴史では七王国時代が触れられてもおらず、ヘンリー8世のとんでもなさが際だった。ふつうに離婚できる宗教制度だったら、妻の処刑にまでは走らなかったのかな……どうだろう。とことん狂っている気もする。

 あいさつの例にはウェールズ語があげられている。英語なら別の国で取り上げる機会がたくさんあるせいか。
 同じ国なのにまったく違う言葉で驚かされた。
 あと、シェイクスピアがいくつもの単語を創っていたことにも……二つの単語を組み合わせたような表現ばかりであんまり違和感はなかった。
 女王が下院への立ち入りを禁止されていたり、女王どころか大部分の市長までも儀礼上の存在だったり、権力が制限されるというより権力者がみえにくくなっている状態が日本との比較の上でも興味深かった。

関連書評
イングランド王国前史〜アングロサクソン七王国物語 桜井俊彰
スコットランド王国史話 森護
イングランド王国と闘った男〜ジェラルド・オブ・ウェールズの時代 桜井俊彰

イギリス (ナショナルジオグラフィック世界の国)
イギリス (ナショナルジオグラフィック世界の国)
カテゴリ:雑学 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0)

ドイツ王室1000年史 関田淳子

 ザクセン・プロイセン・バイエルン。ドイツを代表する三つの王室について君主を中心に大量の絵画で追っていく。
 プロイセンより先にザクセンが出てくる配置が興味深い。由緒の正しさではザクセンの方が上か。選帝侯という神聖ローマ帝国独特のシステムや新旧のキリスト教が激突した影響も見逃せない。
 しかし、いちばん印象的なのはナポレオンという名の災害の存在である。ドイツ諸侯目線でも、とてつもなく衝撃的な出来事だったようで、ヨーロッパの津波に翻弄される彼らの立場にハラハラしながら読んだ(ドイツにとって三十年戦争も熾烈だが、お偉いさんにとってはナポレオン戦争の方が影響が大きそう)。
 バイエルンについては巧妙に立ち回って、ナポレオン戦争から利益を得ていたりする。よくいえば小国の知恵である。

 東の隣国であるポーランドとの関係もさすがに深くて、ザクセン公はポーランドやリトアニアとの同君連合を作っていたりもする。
 神聖ローマ帝国の皇帝になった時期さえあっても主流になることができなかったのは何故か。考えさせられた。

 ヴィルヘイム一世とビスマルクが互いに悔し涙を流しながら激論を交えたこともあるとのエピソードに衝撃を覚えた。この時代のプロイセン人もわりと泣く人種だったのかな。
 二人の立場が比較的に対等だからこそ、そんなになるまでやりあえたのだろう。泣かされても権威でおしつぶさないヴィルヘイム一世は偉い。

関連書評
ビスマルク〜ドイツ帝国の建国者 大内宏一
図説ナポレオン政治と戦争〜独裁者が描いた軌跡 松嶌明男
七年戦争・上 吉田成志 文芸社

ドイツ王室一〇〇〇年史 (ビジュアル選書)
ドイツ王室一〇〇〇年史 (ビジュアル選書)
カテゴリ:歴史 | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0)

後三条天皇〜中世の基礎を築いた君主 美川圭

 世界史リブレット人021。
 藤原氏の熾烈な妨害工作を凌ぎきって天皇になった後三条天皇。荘園の再編成を進めて中世の扉を開いた人物の実績を物語る。

 藤原道長があからさまに孫となる天皇の男児を望んでいたために、生まれた孫娘に恨まれたらしいことは、権力のありすぎる人間の無頓着なところがよく表れている。
 しかも、身内に対しての冷たい態度なのだから救いがない。天皇の后となった娘も悲しかったに違いない。

 道長の後継者である頼通が後三条の邪魔をしまくったことは、明治時代の歴史家からどんな評価を受けていたのかなぁ。あからさまにこき下ろされた足利尊氏と藤原氏の間にあつかいの違いはあったのか?
 皇室と一体化しすぎて迂闊にたたけないなんて事もありそうだ。

 よくあることだが、著者はいろいろな説をとりあげて賛成したり反対したりしている。説の内容を紹介する前に、著者の態度がわかると助かると思った。

関連書評
古代天皇列伝〜日本の黎明を統べる系譜 歴史群像シリーズ
中世の天皇観〜日本史リブレット22 河内祥輔

後三条天皇―中世の基礎を築いた君主 (日本史リブレット人)
後三条天皇―中世の基礎を築いた君主 (日本史リブレット人)
カテゴリ:歴史 | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0)

日本の白亜紀・恐竜図鑑 宇都宮聡+川崎悟司

 日本各地から得られた白亜紀の化石を恐竜を中心に紹介していく。恐竜だけではページが埋まらないのか、モササウルスなど恐竜以外の生物も載っている。

 南から北に産地ごとに当時の生態系が想像できる復元イラストを載せてくれていて、なかなか刺激的だった。
 化石の一部は発見されているが、種の同定には至っていない――あるいは新種記載できない――生物の情報も取り込んで、積極的に復元している。
 確実性は落ちるだろうけど、イメージは豊かにできる。

 恐竜関係の新進気鋭な研究者を紹介するコラムもある。最後に紹介されたのはサックス演奏者で、研究者ではなかったけれど……恐竜の深くて広い影響力を知ることができた。

 おそらくお約束のハルキゲニたんは鬱陶しい。彼女の担当部分は二度は読めない……。

関連書評
日本の絶滅古生物図鑑 宇都宮聡・川崎悟司

日本の白亜紀・恐竜図鑑
日本の白亜紀・恐竜図鑑
カテゴリ:地学 | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0)

地図で読む世界の歴史 ローマ帝国 クリス・スカー

 吉村忠典・監訳、矢羽野薫・訳。
 都市というか村落ローマのはじまりから、西ローマ帝国の滅亡まで。豊富な地図で描く142P。考古学的調査の統計的情報が取り込まれていて、埋納された硬貨の件数などは興味深かった。ただし、発見されやすさや調査の密度などで偏りが生じる可能性はある。

 後半になるとローマ帝国も屋台骨が揺らいで厳しい雰囲気になってくる。それでも幾度となく持ち直している点はさすがに歴史の蓄積がある帝国だった。
 軍人皇帝時代などから立ち直った経験もあるわけで、心のどこかでは今度もなんとかなると思っているローマ人は多かったかもしれない。
 少なくとも西ローマ帝国が滅びてもローマ貴族の生活がいきなり失われることはなかったわけで、自分さえよい考えならば一部の人間にとって西ローマ帝国の滅亡は許容できる現象だった可能性もある。

 また、本書では地域ごとに三つの都市地図をとりあげて紹介している。どの都市においても大規模な公共施設の存在感が大きくて、そこの住民はローマ皇帝の力を感じていたに違いないと思った。

関連書評
新・ローマ帝国衰亡史 南川高志
地図で読む世界の歴史 第2次世界大戦 ジョン・ピムロット
地図で読む「古事記」「日本書紀」 武光誠

ローマ帝国 (地図で読む世界の歴史)
ローマ帝国 (地図で読む世界の歴史)
カテゴリ:歴史 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0)

鉱物・化石アルバム 鉱物編 川辺伸一

 愛知県立学校につとめていたアマチュア鉱物コレクターの著者が採集時の貴重なメモと一緒に戦利品を写真で紹介してくれる本。
 あいうえお順に収録されていて、割り切った形ゆえの検索性の高さがある。紫水晶が「ま行」に入っていたりするので、慣れるまでは注意が必要かもしれない。
 標本をハンマーで殴ったときの結晶の壊れやすさなど、現場で採集してトリミングした人だからわかる情報が載っていて興味深かった。
 産地の荒廃情報については溜息しかでない。

 個別の標本をみていくと、大佐町大佐山のジルコンがものすごく綺麗で宝石級だった(ただし2mm)。亀山市大谷鉱山のスコロド石も個人的なイメージとまったく違う石の花じみた美しさがあった(ただし2mm)。テルル石も透明で小さかった(今のコレクターから見れば採集できているだけでも幸運である)。
 田口鉱山でもバラ輝石の結晶が得られることは初めて知った。パイロクスマンガン石ばかり血眼になって探しているのも芸がない(マナー違反を伴わなければ否定はしないが)。

 そのほかベゼリ石や紫水晶などは複数の標本が紹介されていて、どれもが美しくて魅了された。尾小屋鉱山の紫水晶にも透明のものがあるのだなぁ。
 行動範囲の点からも自分に真似できるとは思えないが、なかなか刺激になる本だった。

鉱物関連記事一覧
カテゴリ:地学 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/297PAGES | >>