地層ってなんだろう3〜歴史をしらべよう 目代邦康

 天然記念物の指定は1960年代以降すすんでいないそうだ。ジオパークを推進するとき一緒に、あるいは前作業として天然記念物化を進めればいいのにと思ったが、実際にはやっているかもしれない。

 カキが縦だとその場所で生きていたもの、カキが横になっていると死んで流されてきたもの。
 ここを覚えてみよう。
 サンゴも見事なものが千葉県の丘陵に出ているんだなぁ。海進期を実感させられる。現地に行けばもっと強く感じられるだろう。

 液状化現象を示す地層がぐちゃぐちゃになった露頭もすごかった。
 写真で上の方にいる人のポーズがちょっとコミカル。スケールになるからね、人が写るのは正しい。

地層ってなんだろう〈3〉歴史をしらべよう
地層ってなんだろう〈3〉歴史をしらべよう
カテゴリ:地学 | 21:28 | comments(0) | -

地層ってなんだろう2〜実験しよう 目代邦康


 小学校の校庭に河川実験施設があって、理科の授業で水を流して河川の形成を観察したことを思い出した。あとビーカーかペットボトルに土を入れて級化を観察する実験も義務教育期間にやった覚えがある。
 けっこう強い印象に残っているので、子供にはできるだけ地学の実験を経験してほしいと思った。
 近くにやっている博物館があれば恵まれている。

 実験が上手くいかなかった時がチャンスで条件の違いなどを考えてみようと書いているコラムを読んで思ったのだが、間違っていた条件がちょうど重力や素材の違う火星やタイタンの地学現象を再現している可能性もあるのかなぁ。
 そんな例がみつかったら最高だ。

地層ってなんだろう〈2〉実験しよう
地層ってなんだろう〈2〉実験しよう
カテゴリ:地学 | 22:58 | comments(0) | -

地層ってなんだろう1〜観察しよう 目代邦康

 まずは地層を生み出す様々な地形を写真と図で紹介していく。すべて国内の写真であり、日本の地形が多様なこともわかる。

 高山や南の島は近くに住んでいないと子供が観察するには難易度が高い。しかし、身近な地層がそういう場所で出来ている可能性を意識してほしいものだ。
 川の攻撃斜面は覚えやすいが、滑走斜面はすぐに忘れてしまう。インブリケーションの説明が懐かしかった。

 河岸段丘の断面図に日本には珍しい正断層が描かれている?それとも地滑りをイメージしているのかな?そう思っていたが2巻で同じ図が出てきて、河川堆積物を表しているにすぎないことに気づいた。
 地層の色を変えているところがポイントか。不整合面が湾曲していれば勘違いしにくかったのだが。

地層ってなんだろう〈1〉観察しよう
地層ってなんだろう〈1〉観察しよう
カテゴリ:地学 | 23:53 | comments(0) | -

恐竜時代1〜起源から巨大化へ 小林快次 岩波ジュニア文庫

 アラスカにおける恐竜足跡化石調査記録から話は始まる。過酷なむさくるしい(が報われることもある)恐竜研究の実例を示してからは、時代順に恐竜の発展を追っていく。
 恐竜の始まりを分岐した姉妹群の出現時期とする考え方と、現代に繋がる鳥類の始まりを恐竜類の中の姉妹群の出現時期とする考え方が、最初と最後でリフレインしている。
 なんでより発展した枝の太い方じゃなくて、姉妹群の方が早い時期に見つかっているのだろう。それほど生物の発展は運だということなのか?

 恐竜の特徴である気嚢システムの説明を読んで、ガス交換が効率的になると同時に熱交換も効率的になりすぎる可能性を感じた。現代の鳥が高々度を飛んでいることを考えれば、そうでもないのかな?
 でも気嚢システムが完成しきっていない時代には、長所が活かせて短所が表れない気候がたまたまマッチすることが大事かもしれないとの考えにしがみついている。

 始祖鳥の話は著者本人が標本に触れたこともあり、さまざまな話題を取り上げていて興味深かった。

恐竜時代I――起源から巨大化へ (岩波ジュニア新書)
恐竜時代I――起源から巨大化へ (岩波ジュニア新書)
カテゴリ:古生物学 | 20:44 | comments(0) | -

迷宮のミノア文明〜事実になった神話 ルイズ・スティール

 開かれた封印 古代世界の謎16

 アーサー・エバンズ卿の紹介からミノア文明の物語は始まる。
 父親の友人だったというシュリーマンの大発見にも刺激されて、エバンズはクレタ島で豪華で複雑な宮殿を発掘することになる。

 民衆から穀物を宮殿に集めて、その穀物で養った職人によって、貿易に使う工芸品を生産する。税金を取り立てていなければ生まれなかった富をつくりだす仕組みが見事に回っていたようだ。
 分業は都市の特徴と言われるが、宮殿の主は半ば人工的に分業を強いていた感じもする。

 絵画の分析から巫女の役割がそれなりに大きかったらしいことも印象的だった。エバンスが「玉座の間」と勘違いした部屋の「玉座」に腰掛けたのも女神を演じる巫女だったのではないかと書かれている。
 なお、宮殿が複雑な構造をしているのは、計画性のない増築のせいらしい……。

迷宮のミノア文明―事実になった神話 (開かれた封印 古代世界の謎)
迷宮のミノア文明―事実になった神話 (開かれた封印 古代世界の謎)
カテゴリ:歴史 | 22:43 | comments(0) | -

知られざる「恐竜王国!!」 NHK「ダーウィンが来た!」

 「日本にもティラノサウルス類やスピノサウルス類がいた!」というアオリで日本の恐竜を再現CGにした番組の本。

 歯が二本しか見つかっていないスピノサウルス類を膨らませすぎ。それほど肉食恐竜の人気が高いようで……恐竜研究のうえで重要なのは脳かんまで見つかっているタンバティタニスとしか思えなかった。むかわ竜も楽しみだ。

 タンバティタニスを研究した三枝博士は、ゾウを研究していたそうで、それを活かした話をしてくれている。
 日本のスピノサウルス類は歯だけだから仕方ないけど、スピノサウルス一般の説明からほとんど出ていなかった。
 情報が少ないゆえに、どの恐竜も古環境と絡めて語られているのは良い。

 あとやっぱり福井県は恐竜の名前にフクイを使いすぎ。ラテン語で表記する上でも都合がよかったりするのかなぁ。

NHKダーウィンが来た! 特別編集 知られざる恐竜王国!! 日本にもティラノサウルス類やスピノサウルス類がいた! (講談社 MOOK)
NHKダーウィンが来た! 特別編集 知られざる恐竜王国!! 日本にもティラノサウルス類やスピノサウルス類がいた! (講談社 MOOK)
カテゴリ:古生物学 | 13:15 | comments(0) | -

沈黙の都市マヤ〜密林に眠る驚異の文明 コンスタンス・コルテス

 開かれた封印 古代世界の謎5

 マヤにおける二つの都市パレンケとコパンを例にマヤ文明を紹介している。
 密林という地形と気候で文明の発達に難しそうな土地で、なぜマヤ文明が発達したのか、サブタイトルからあらためて気になったが、そのあたりの説明は特にされていない。
 アマゾンにも古代文明の形跡がみつかってきたし、気候の問題は思いこみに過ぎないのか?

 パレンケにはパカン王とチャアン・バラム王という二代にわたっての栄光が遺されている。パカン王の長生きと母親の生まれからもわかる婚姻政策がパレンケ繁栄の原動力だったのかな。
 スペイン人に多くの文章が焼かされてしまったことが残念でならない……。

 コパンは衰退の時代にまで話が続いている。石に複雑な文字を彫るメディアの問題で緊急事態のリアルタイムでの記録は期待しにくいが、著者の予想が外れて今後の発掘調査によって永遠の謎とならないことを期待したい。

沈黙の都市マヤ―密林に眠る驚異の文明 (開かれた封印 古代世界の謎)
沈黙の都市マヤ―密林に眠る驚異の文明 (開かれた封印 古代世界の謎)
カテゴリ:歴史 | 20:02 | comments(0) | -

家づくりの図集2〜狭い敷地での間取り 泉幸甫・川口通正

 狭い敷地に建築家のテクニックを尽くして建てられた家の間取り集。最小は6坪、最大でも35坪しかない。しかも、旗竿地などの扱いにくい敷地での建築も多い。
 よくぞ建てたものだと感心するものの、住んでいる住民の満足度は載っていなかった。同じプロの目線から賞賛されているのみで、ちょっと不安になる。
 まぁ、こんな家を建てるには打ち合わせが必要なわけで、後から「こんなはずじゃなかった」と思う場合はあっても、納得済みのことであろう。
 家族構成の変化に対応できるのか、老婆心で心配した。日中は仕事に出ているから一階の日当たりは諦めている家も、土日や老後はどうしているのやら。活動的な住民なんだろうなぁ。

 吹き抜けや中庭などの空間を利用して狭い中にも開放感を与える工夫が目立った。
 まるでイスラム圏の都市建築で、参考にしていても違和感はない。それとも収斂進化なのか?
 予算の関係もあってか、景観の調和については気を使っておらず、尖っている家が多かった。コルゲートパイプの家とシリンダの家には笑った。用語解説でコルゲートパイプが出てくるのは、一軒のためだけっていう……。
 一度地下に降りないと入れない家もおもしろかった。

狭い敷地での間取り (家づくりの図集)
狭い敷地での間取り (家づくりの図集)
カテゴリ:工学 | 23:14 | comments(0) | -

司馬遼太郎と城を歩く4〜上田城・高取城・洲本城・丸亀城

 上田城は親子で敵味方にわかれるシーンが名場面あつかいされていることに違和感。本当に強いならば自分たちが集中してついた方を勝者にできるわけで、運命に翻弄される弱者であることを認める苦渋の展開としか思えない。他にもやっている連中がいるし、これを昌幸の高度な知恵あつかいしてしまうのは、どうなのか。
 上田の町にあふれる六文銭の映像をみて、仙石氏がちょっとだけ不憫になった。

 高取城は幕末に思わぬ出来事に遭遇していた。尊皇が高まりすぎた愚連隊みたいな連中と大坂城を落としたときの大砲で戦闘とは喜劇的なシチュエーションである。本人たちは至って大まじめだし、昔の兵器でも人は効果的に死にうる。そんな物事の二面性も感じる。

 洲本城を通じて地味な裏切り者、脇坂安治の情報がたくさん出ていた。脇坂家に続いて淡路をおさめることになった蜂須賀氏が洲本城を破壊せずに温存していたことも興味深い。戦国時代を生き抜いてきた家の知恵とされているが、バレたら困ったことになるのは福島正則の末路をみて承知していたはずで際どいことをしたものだ。

 丸亀城では坂本竜馬が人材を求めて高知からやってきた逸話が語られている。竜馬が江戸で剣道を修めたことも司馬作品ではしっかり消化されていることが分かった。

司馬遼太郎と城を歩く 第4巻 [DVD]
司馬遼太郎と城を歩く 第4巻 [DVD]
カテゴリ:映像資料 | 23:14 | comments(0) | -

古代世界の超技術〜あっと驚く「巨石文明の智慧」 志村史夫

 エジプト・ギリシア・ローマそしてメソアメリカとアンデスの文明における超技術を紹介する文庫。姉妹本の古代日本の超技術に比べると文献に頼る部分が多いのは当然だが、それでも著者が現地に行った経験があって、活かされている。
 職人の声については日本の石工から情報をえていた。ピラミッドの石を焼いて割る説で、カルタゴのハンニバルがアルプスの石を焼いて割った逸話を思い出した。酢もかけていたかもしれない?相手は石灰岩だし。

 四大文明は日本の歴史教育が生んだ鬼子であることを紹介しつつ、マヤ(メソアメリカ)とインカ(アンデス)を加えた六大文明の概念も紹介。
 インダス文明やエジプト文明へのメソポタミア文明の影響を考えると、独自性の高いマヤ文明はもっと評価されるべきではあるな。文字もあるし。
 アンデス文明の石垣加工で金属製のノミが使われただろうというところで、青銅製にならべて隕鉄製のノミの可能性をあげているのは、コスト的に無理がありそう。製鉄技術のない時代の古代メソポタミアでは金より貴重だったのだから、それくらいなら金のノミの方が……。

 現代人の効率や経済性中心の考え方で古代文明の技術をみると、読み解けないことがたくさんあるとの説明には納得させられた。宗教施設については特に不経済なことが信仰の証明になってしまう部分さえあったかもしれない。
 殉死がそうであるように。

古代世界の超技術 あっと驚く「巨石文明」の智慧 (ブルーバックス)
古代世界の超技術 あっと驚く「巨石文明」の智慧 (ブルーバックス)
カテゴリ:工学 | 20:25 | comments(0) | -
| 1/385PAGES | >>