類人猿に学べ〜恋愛のオキテ ナショナルジオグラフィックDVD

 そんなにボノボがいいなら、もう直接ボノボと結婚すればいいんじゃないかな。なんて雑な挑発に引っかかったコメントをしてみる。
 人間を類人猿にたとえていろいろと語る、現代ではデンジャーに思えてしまう映像作品。人間の反応を動物学者に分類されるのは、なかなかしんどい。
 しかけられた人たちもよく起こらなかったものだし、自分の姿を放送することをよく許したものだ。背後には怒った人や放送を許さなかった人もたくさんいるのかもしれない。
 訴訟にまではなったいない?

 チンパンジーの行動が受けていないことで、視聴者からチンパンジーへの侮蔑的な感情を強めてしまわないかも気になった。
 まぁ、もっと肩に力を入れず、楽しく視聴するべきなのだろう。人間に近い動物ほどそれが難しくなるとしたら……。

関連書評
新しいチンパンジー ナショナルジオグラフィックDVD

ナショナルジオグラフィックDVDレビュー記事一覧

ナショナル ジオグラフィック 類人猿に学べ恋愛のオキテ [DVD]
ナショナル ジオグラフィック 類人猿に学べ恋愛のオキテ [DVD]
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 05:47 | comments(0) | trackbacks(0)

秘密のフィレンツェ ナショナルジオグラフィック

 メディチ家が支配したフィレンツェには多くの謎が残されていた。主にイタリアの研究者たちが科学的手法でフィレンツェに隠された謎を解き明かしていく。
 宮殿から宮殿までジョルジョ・バザーリの設計によるメディチ家専用の通路がおよそ1kmにわたって用意されているのは面白い。面白いが何かの病気を疑ってしまうレベルの執念深さでもある。
 血統に長い由緒がないからこそ、君主としての演出はしっかりやらなければいけなかったのかもしれない。

 ブルネレスキによって採用されたと想像される、巨大なドームをもつ「ドゥオモ」の建設方法が興味深かった。内側から小さいドームを作って、だんだん大きなドームにしていくことで木材を節約するわけではなかった――それをやろうとしたらレンガの回収が危険すぎるか。
 矢筈(やはず)積みという特殊なレンガの積み方などもしかけられていて、ブルネレスキが幾重にも用意した技術的な革新に感心させられた。
 フラングバットレスもなく、すっきりした外観にしあげたのは本当にすごい。

関連書評
大聖堂・製鉄・水車 J・ギース/F・ギース 栗原泉 訳
世界遺産1 イタリア1 アートウェアコミュニケーションズ

ナショナルジオグラフィックDVDレビュー記事一覧

ナショナル ジオグラフィック 秘密のフィレンツェ [DVD]
ナショナル ジオグラフィック 秘密のフィレンツェ [DVD]
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0)

解体ボーイング747 ナショナルジオグラフィックDVD

 退役したボーイング747を解体して価値のあるリサイクル品を取り出す様子を映したドキュメンタリー。
 ある航空機整備士の腕っ節にはタトゥーが入っていた。ナショナルジオグラフィックの映像には珍しいタイプの人々が主役になっている。

 ともかく価値の高いのがエンジンで、再生金額680万ドル中の600万ドルはエンジンだった。さらに細々とした部品が苦労して取り外されていき、最後は金属スクラップが残るのであった。ごちそうさまでした。

 エストラーダ氏あやつる解体用重機によって、ボーイング747が上下に二枚におろされるシーンは圧巻。
 しっぽを切り落としたときも綺麗に円形にカットしていたし、窓はピンポイントで叩くし、エストラーダ氏の重機をあやつる腕前には惚れ惚れした。
 でも、防塵マスクはした方がいい。

 整備士たちは解体専門ってわけでもなく、普段は修理をしていることの方が多いらしい。解体したボーイングの整備もしていたそうで、いろいろ映像になりきらない思い入れもあるのだろうと感じた。

関連書評
破壊破砕解体写真資料集 ジェイズパブリッシング

ナショナルジオグラフィックDVDレビュー記事一覧

ナショナル ジオグラフィック[DVD] 解体 ボーイング747
ナショナル ジオグラフィック[DVD] 解体 ボーイング747
別のソースによれば747だとCFRPの使用率は5%くらいらしい。
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0)

エリア51の真実 ナショナルジオグラフィック

 アメリカのうわさの絶えない秘密基地エリア51。
 そこで実際に行われていたことをかつてエリア51で勤務していた人々が語る。極端な秘密主義はソ連との冷戦によるところが大きくて、行われていたこともソ連への偵察機の開発と運用だったと言う。

 二代目のソ連偵察機「オックスカート」の材質であるチタンを、ソ連から輸入するしかなかった話は皮肉である。アメリカから石油を輸入してアメリカと戦争した国とは話が違うけれど……ソ連は昔からチタンの加工技術で定評があるからなぁ。
 偵察機に利用するていどの量ならアメリカで鉱石を探して、加工技術を会得するよりも、敵国から購入する方が安上がりというアメリカ的な割り切りを感じた。

 エリア51が昔は「パラダイス牧場」と呼ばれていたことはなかなか皮肉の効いたネーミングだった。家族を偽るために「牧場勤務」と説明している人間もいたのかもしれない。
 干上がったグルーブ湖の地形が試験に最適だったことは同じ地形がまったく考えられない日本にとっては羨ましい話だった。

関連書評
電磁波の脅威〜今この世界を生きているあなたのためのサイエンス

ナショナルジオグラフィックDVDレビュー記事一覧

ナショナル ジオグラフィック エリア51の真実 [DVD]
ナショナル ジオグラフィック エリア51の真実 [DVD]
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0)

電磁波の脅威〜今この世界を生きているあなたのためのサイエンス

 ナショナルジオグラフィック
 タイトルから想像するゆんゆんした話題じゃなくて、EMP攻撃や太陽気象によって引き起こされる電磁波の脅威をあつかっていた。
 なぜか描写されていないがアメリカにとって一番危険なのは、電子機器が動作しなくなっても銃は動作することだと思った。ヒャッハー時代への暴走も時間の問題だ……。

 ラスベガスから一番近い水源ミード湖までの距離が50kmもあり、砂漠のど真ん中で数十万人が孤立したら破滅が間違いないことも、なかなか衝撃的だった。
 いざということを考えれば近づかない方がいいのだろうな。銃の乱射事件もあったし。

 EMP攻撃をおこないうる勢力としては北朝鮮やイラン、その他のテロ勢力が挙げられている。同じシリーズで核テロリストは難しいと説明していたわけで、500kmの高高度へ打ち上げる必要のあるEMP攻撃なら、なおさら難しいはず。
 北朝鮮については、その実力を身につけてきた気がしないでもない……先制核攻撃のミサイル一発で巨人がダウンなんてこともありえるのかなぁ。
 まぁ、それができたとしてもEMP攻撃の影響しない原子力潜水艦による報復で滅亡は免れないか。出てきた特別機で通信は維持されるだろうし。

関連書評
地球最後の日を生きる〜新型ウイルスの恐怖 ナショジオ

ナショナルジオグラフィックDVDレビュー記事一覧

DVD 今この世界を生きているあなたのためのサイエンス 電磁波の脅威
DVD 今この世界を生きているあなたのためのサイエンス 電磁波の脅威
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0)

地球最後の日を生きる〜新型ウイルスの恐怖 ナショジオ

 いきてなーい!ほぼ全滅してる!!
 割と絶望させられるシミュレーション。狂犬病ウイルスが空気感染するようになれば人類が壊滅的な打撃を受けることにもなりかねないらしい。
 ペルーの狂犬病ウイルスに感染しない人々だけじゃなくて、ピトケアン諸島のような離島の住民も助かりそう。あと、最初に数千のワクチンを接種された人々が生き残るかもしれない。
 感染者による「全部台無しになれ!」攻撃から生き抜くことができたなら。

 初期にしか触れられなかったけれど、人間以外のほ乳類にも狂犬病は感染する。人類どころか生態系そのものが修復不可能なダメージを受ける可能性もあるのではないか。
 蚊が媒介するように変異したらなおさら酷いことに……恐竜時代が戻ってくる!

 狂犬病患者の水を怖がる性質が防御に利用されていた。でも水棲ほ乳類も狂犬病になる不思議(アザラシの実例はあるらしい)。まぁ、発症したら短期間で溺死しそうなわけで感染例もキャリアーの時に捕まえたのかなあ。
 同様のパニックを扱った大石英司氏の小説があることを思い出した。あれは感染力は強くても空気感染まではしないので防げたのだったか。
 実際、シミュレーションの感じでは生物兵器として始末が悪すぎる。開発者のロシアまで完全に滅びている……。

関連書評
死に至る街 大石英司:上述のフィクション
ウイルスと地球生命 山内一也 岩波科学ライブラリー192
ウイルスの不思議 ナショナルジオグラフィックDVD
新型インフルエンザ・クライシス 外岡立人

ナショナルジオグラフィックDVDレビュー記事一覧

ナショナル ジオグラフィック 地球最後の日を生きる 新型ウイルスの恐怖 [DVD]
ナショナル ジオグラフィック 地球最後の日を生きる 新型ウイルスの恐怖 [DVD]
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0)

ホッキョクグマ〜解けゆく氷の上で ナショナルジオグラフィック

 北極圏のスヴァーバル諸島に住むホッキョクグマを15週間おいかけたドキュメンタリー。
 いつもは流れ着く流氷がこの年は流れ着かず、そこでアザラシの狩りをしていた「ビンネ」たちは酷く苦しむ羽目になる。ホッキョクギツネの「レブ」もビンネの食べ残しをもらっていたから苦労するのかと思いきや、独自に十分な餌を確保できるようで、悠々自適にやっていた。
 特定の餌に依存することの危険性がわかる。
 まぁ、ホッキョクギツネの方は気流にのって島にやってくる汚染物質が生体濃縮される危険にさらされているらしいので、間接的に海産物を口にしているホッキョクグマの方が安全な可能性もあり、事情はかなり複雑だった。

 トナカイの狩りに挑戦したり、いろいろと苦労したあげく、ビンネを救ったのはマッコウクジラの死骸の漂着であった。なんとなく予想していたが本当に漂着するとは……
 クジラが安定した食料源じゃないことを考えれば、将来的にはトナカイの狩りに目覚めたホッキョクグマの子孫が繁栄するのかもしれない。さもなくば絶滅だな。

関連書評
ホッキョクグマの親子 ノアバート・ロージング
となりのツキノワグマ 宮崎学

ナショナルジオグラフィックDVDレビュー記事一覧

DVD ホッキョクグマ 解けゆく氷の上で
DVD ホッキョクグマ 解けゆく氷の上で
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0)

スピノサウルス〜サハラに眠る謎の巨大肉食恐竜 ナショジオ

 ティラノサウルスより大きーい!
 英語版では特に強調されているらしい情報から、T-Rexがアメリカ人にとっての恐竜の基準になっているらしいことが伺える。スピノサウルスに関する研究予算の確保にあたってもティラノサウルスより大きいことが話題にされたかもしれない。
 特殊な生態の持ち主ではあるが、大きさは魅力である。

 一世紀近く前にエジプトでドイツ人が発見したスピノサウルスのホロタイプ標本は、ミュンヘンの空爆で失われていた。移動を許可しなかったナチス党員の博物館館長を批判する流れだったが、都市爆撃をした連合軍も無実ではないと思う。
 ミュンヘンはナチスにとって象徴的な都市だったから、そんな都市に展示することになってしまった不運も思わずにはいられない。

 そして、長い時を経て次に発見されたスピノサウルスの全身骨格は違法な取引によってモロッコから国外に持ち出されたものだった。まったく絶滅後も数奇な運命に彩られた恐竜といえる。
 復元された元の標本は産出地のモロッコに送り返されたそうで、昔に比べると紳士的な話である。違法採掘をしている化石ハンターたちに少しでも専門知識を身につけてもらうことはできないものか。悩ましく思った。

ナショナルジオグラフィックDVDレビュー記事一覧

DVD スピノサウルス サハラに眠る謎の巨大肉食恐竜 (<DVD>)
DVD スピノサウルス サハラに眠る謎の巨大肉食恐竜 ()
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0)

発見!恐竜のミイラ フィリップ・ラーズ・マニング

 世間をあっと言わせたハドロサウルス類の恐竜ミイラ発見。その経緯を記した絵本風の一冊。
 ミイラの研究についてはまだまだこれからで、ちょっとデータが出始めているところで話が終わっている。代わりにヘルクリークに生きていた白亜紀の恐竜たちからインタビューを受けて話を終わらせていた。
 ティラノサウルスに天敵を聞いたときの反応に笑った。いつも一定のキャラクターを求められていて大変ですね。

 ハドロサウルスを発見したタイラー少年は当時16歳だったはずなのだが、発掘現場で主力的な仕事をして、自分が呼んだマニング博士とも議論を戦わせている。
 そして化石のクリーニングもやっていた。
 年月の経過が説明されていないので分かりにくいけれど、ミイラの発掘と一緒に古生物学者の卵として成長してきた様子だった。本書が発行された時にはエール大学博士課程とのこと。
 これからもたくさんの発見をしてもらいたい――いや、幸運頼りの発見がなくても、ハドロサウルス発掘でつちかった能力でもって研究成果をあげてもらいたいものである。

関連書評
NHKスペシャル「完全解剖ティラノサウルス」 土屋健
白亜紀の生物・下巻 土屋健 群馬県立自然史博物館監修
サルタサウルスの成長 ダイナソー・プラネット

発見! 恐竜のミイラ
発見! 恐竜のミイラ
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0)

注意力の不思議 ナショナルジオグラフィックDVD

 はいはい、気づきませんでした気づきませんでした。
 これに注意してくださいと言っておいて、他のものを裏で出しておき「気づきませんでしたね?」と言われても、そうですよ悪かったですねとしか思えない。
 余興であっても騙されることが多いものは精神的に余裕がある時じゃないと目の毒である。

 自分がマルチタスクができると思っていたCEOのマルチタスク能力測定は、交通事故を未然にふせいだ側面があるのでまだマシだったが、難問をふっかけられる様子はやっぱり辛いものがあった。

 まぁしかし、こういう知識が事前になければ無防備に悪意のトリックに引っかかる恐れがあるので知っておくことは有益である。やっぱり詐欺師に遭うよりも手品師に会いたいものだ。

関連書評
協力と罰の生物学 大槻久 岩波科学ライブラリー226

ナショナル ジオグラフィック 注意力の不思議 [DVD]
ナショナル ジオグラフィック 注意力の不思議 [DVD]
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/16PAGES | >>