<< 帝国大海戦2〜勝利の方程式 伊吹秀明 | main | 地球の鉱物コレクション40 >>

帝国大海戦3〜南海の大決闘

 みなぎってきた!
 第二次マーシャル諸島沖海戦は日英米の主力艦隊が火花を散らす大航空・砲撃戦の巷と化した!混沌に継ぐ混沌のなかから勝利を掴むのはどちらの勢力になるのか!?
 という非常にテンションの上がりやすい展開になっている。海軍大臣に就任した山本長官に代わって頑迷な大艦巨砲主義者である古賀長官が連合艦隊を率いていることも戦いを派手なものにする一因になっていた。

 おかげで翔鶴と蒼龍の手痛い犠牲を払うことになったわけだが――いまの勢いだと航空主兵にめざめるよりも戦艦でそれを補完しようとする方向に動きそうでイヤだなぁ。まぁ、アイオワ級をポンポン進水させられるアメリカに対して日本が戦艦の生産で対抗できるわけでもなし、否応なく航空機に頼らざるをえなくなっていくわけだが。
 そして、本当の戦力は潜水艦と輸送船だったりするんだけどね……ラストのビスケー湾海戦を読んでやっぱり戦争を理解しているのはイギリス人のほうである気がした。

 第二話の「超・潜水艦対決」では伊400号潜水艦とフランスの巨砲潜水艦シェルクーフがパナマ沖で邂逅して干戈を交えるなんて、とてつもなく変則的――ぶっちゃけ変態的――な戦いが繰り広げられていて展開の珍妙さに苦笑した。
 細々した描写のユーモアそのものは普通の大海戦のほうが優っていたりするんだけど。ビスケー湾海戦での記述を読むかぎりでは晴嵐による運河破壊作戦は成功してしまったらしい。イギリスとフランスが本国で戦う事を否定しているおかげで、まともな陸上戦線は北アフリカにしか開かれていないみたいだし、相当奇妙な戦争になっている。
 もっとも、奇妙でない戦争などありはしないか。

帝国大海戦〈3〉南海の大決闘 (歴史群像新書)
カテゴリ:架空戦記小説 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:53 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1012
トラックバック