<< 連合艦隊大西洋決戦 橋本純 | main | 地球の鉱物コレクション42 ディアゴスティーニ >>

地球の鉱物コレクション41

ミネラルファイル
 赤鉄鉱:条痕色の写真を展示してほしかった。わが身を振り返ればタンブルはもっていてもまともな標本がないことに気づく。産地表示は下手にしないほうがいい気がした……。
 紅亜鉛鉱:フランクリン鉱山産の丸々とした結晶が紹介されている。石筍のような長い結晶も綺麗だ。模造品についての記述に注意を喚起された。
 自然銅:まさに自然銅。標本の中には表面の状態が銅の色を呈さなくなっているものも多い鉱物だ。できれば結晶面の見えるものを確保したいもの。
 方砒コバルト鉱:しっかりした結晶がぎらぎら光ってなかなか魅力的な鉱物。ニッケルに置換したものの方にも興味がわいた。

日本の新鉱物 森本ざくろ石
 やたらと垢抜けない名前になってしまっている石榴石。実物もそこまでさえたものではないから、ちょうど良いか。そんなことを言いながらほしいと思ってしまうのも事実なのだった。さすがは布賀産。

ミネラル・サイエンス 炭酸塩鉱物(1)
 華の二次鉱物だけに魅力的な標本の写真がたくさんみられて満足できた。とくに紫の菱コバルト鉱と孔雀石のあわせ技は魅力たっぷりだった。喉から手が出てきそう。何しおう菱マンガン鉱はちょっとおとなしめの縞模様をしめす集合体。

ミネラル・サイエンス 結晶の集合体
 こちらも見ていて飽きない写真が多い。かなり初歩的なことなので41号になるまで紹介されていなかったことが驚きだが、バランスの問題がいろいろとあるのだろう。

地球物語 洞穴
 やや地形学よりの話題だが、興味深い。やはり洞窟にはもぐりこんで何かを探したり、隠したりしてみたくなる魅力がある。ああいう場所で生活していた先祖から伝わる本能のなせる技か。


鉱物関連記事一覧
カテゴリ:地学 | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 17:06 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1029
トラックバック