<< ミスマルカ興国物語5 林トモアキ | main | 燎原の覇者2〜葵と桐の子 尾山晴紀 >>

燎原の覇者1〜唐入りの罠 尾山晴紀

 ある意味ものすごい直球の歴史改変、徳川家康と豊臣秀吉の正面対決を描くスケールの大きな作品。唐入りに端を発した騒動から家康が秀吉の足場を切り崩していき、朝鮮派遣軍の先手総大将を名目に動員した兵で秀吉に殴りかかる。

 本多正信が裏であれこれを根回しを行って、驚異的な調略の輪を広げているところが印象的だった。徳川四天王――でも登場人物紹介に入っているのは三名。酒井……――も魅力的に描かれており、やっぱり三河武士は強くなくては!と意を深くした。

 それでもあっさりとは敗れてくれないのが秀吉。宇喜田秀家が強行軍で淀川の決戦に参入して、情勢を五分に戻してしまう。
 彼が家康本陣に打ちかかっていれば、という風に描かれていたけれど強行軍での疲れを考えると秀吉を助けて戦をまとめた方が正解だったような気もしてくる。あまりにきちんと殿を果たしているから、その余力をもってすれば家康を倒すことも可能だったように見えなくもないが……ケチがついたように見えて個人的には評価の高い描かれ方だった。

 あと、印象的な登場人物といえば関白秀次があげられよう。淀の方に再び男子が生まれたことによって微妙な立場に立たされた彼が、凡夫なりに生き残ろうと最善の策を模索していく様子は、秀吉や家康のような巨人とは違うだけに共感と同情をもよおしやすい。
 決着はまだ先だが、論功行賞が楽しみになる登場人物の描かれかたになっている――何度も繰り返される略歴紹介はちょっと単調に感じてしまったけれど。

燎原の覇者〈1〉唐入りの罠 (歴史群像新書)
燎原の覇者〈1〉唐入りの罠 (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 21:59 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1059
トラックバック