<< 燎原の覇者2〜葵と桐の子 尾山晴紀 | main | 禅の言葉 マルク・ドゥ・スメト編/中沢新一訳 >>

燎原の覇者3〜三河者たち 尾山晴紀

 なんてことをしやがる。
 京都を焼き払い、味方ごと大砲で吹き飛ばした秀吉よりも、関ヶ原でとんでもない起死回生の手を打った家康に思わず漏れた言葉。もっとデカい仕掛けかと期待していたのだが、意外とシンプルで、シンプルだけに事は簡単だった。
 まぁ、どこからともなく存在しない兵力を湧き出させるわけにもいかないからなぁ。時期的に宮本武蔵が参戦することのできない関ヶ原はこれにて終わり。

 史実とは異なる東西両軍の顔触れがどれも印象的で、なんとも心に残るものがあった。なんだかんだで「情」に訴えてくるところがある作品だ。
 榊原康政が二度目の晴れ舞台に挑んだ「山崎の合戦」の内容はその最もたるもの。


 むしろ戦術的にみるべきものが多く感じられたのは東国における古河の合戦で、参加勢力が伊達に佐竹、上杉とやたらに豪華極まりない。言い方をかえればロマンチック。個人的には最上もほしいところだが配置から考えて苦しいよなぁ。
 三河者同士の激突もあり――なんか特殊な戦闘民族として扱われている感じだった。さすがに島津にはしてやられているけど――戦術的にも見るべきものの多い濃厚な架空合戦だった。決着方法はちょっと無粋だが……どうも戦場にある兵力のやりくりを超えるものを求めるあまり、読者としてはかえって拍子抜けを味あわされるきらいがある。
 どこか戦記シミュレーション作品的な文体は、読みやすくて好きなんだけどねぇ。会話の流れが自然ながらに情報量に優れているのもよい。

 最終的なMVPはやたらと気になる動向を見せた前田利長や手勢の磨り潰し魔と化した本多忠勝も惜しいところだが、出てくるだけで雰囲気を和ませるに至っていた市松!君に決めた!!
 好き嫌いでいえば嫌いといわざるをえないけれど、エキセントリックの度合いを増していく秀吉も妙な魅力があったよ。「薙ぎ払え」には思いっきり笑ってしまった。どこのクシャナ殿下かと…。

燎原の覇者〈3〉三河者たち (歴史群像新書)
燎原の覇者〈3〉三河者たち (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 15:31 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1061
トラックバック