<< 織田戦国志1〜信長の遺言 尾山晴紀 | main | 月刊ニュートン2009年11月号 >>

織田戦国志2〜信長を継ぐ者 尾山晴紀

 羽柴秀吉との雌雄を決する戦いに織田信孝と津田信澄の若者コンビが挑む!
 かなり足りないところのある二人だったけれど、若さを自覚して頼れるところは経験のある人間に効率的に頼れている。変に面目のことを考えて動きが鈍ったりはしない効果があったのかもしれない。

 まぁ、信孝の勝因をひとことで言ってしまえばユニットの強さ。これに尽きるのだが……反則的に強化したうえで手に入れた森長可に当然強い信孝軍の屋台骨こと鬼柴田、鉄砲乱射魔人佐々成政が述べにして二倍以上の敵を相手にしていては、いくら秀吉と黒田官兵衛が信孝に優る兵数を掻き集めても前田利家を寝返らせても勝てるものではない。
 そして、たった二文字の手紙で化けた滝川一益が強烈な止めになってみせたわけで、なんだかんだで織田家の遺産を駆使できた信孝の血統の勝利と言ってしまえない事もない。それに値するだけの成長をみせたことは否定しないが。

 秀吉にしてみれば信雄より説得力のある三法師をその死により担げなかったこと、戦に強い人材がいてもあまり人数を率いていない傾向があったこと――秀長は例外だが攻撃より防御向きだ――風見鶏的な手駒が多くて最後に一手足りなくなってしまったこと等が痛かったか。
 見方によっては好人物のまま死んでくれて嬉しい気持ちもあったりする……。

 勝利した信孝だが、人材は前述の通り戦向きに偏っていて全国を経営する事は難しそうだ。そんな状態だから足利幕府の拡大強化版になりそうな締めの雰囲気もかえって好都合かもしれない。そもそも徳川幕府は織田・豊臣を踏まえたうえで出来ているので信長が生き続けても、あれほど強固な統治機構を築けたかは疑わしい。

 何より彼らにはまだまだ未来が残されているのだ!今後も幾多の問題に悩まされながら勝家たちに支えられて天下を固めていくことであろう。その想像がめっぽう楽しい完結であった。

尾山晴紀作品感想記事一覧

織田戦国志〈2〉信長を継ぐ者 (歴史群像新書)
織田戦国志〈2〉信長を継ぐ者 (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:30 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1068
トラックバック