<< 隔週刊トレジャー・ストーン43 ディアゴスティーニ | main | 月刊ニュートン12月号 >>

隔週刊トレジャー・ストーン62 ディアゴスティーニ

ミネラルファイル-宝石
 ブルー・ジョン(蛍石):まぁ、納得できる宝石――宝石かどうかを判定するのが最初にやることになってしまっている。硬度は低いけど。縞状構造が綺麗にでていると実に豪華な雰囲気がある。

ミネラルファイル-鉱物
 アルコース:薄片写真だけをみたら深成岩と勘違いしそうだ――結晶の形をしっかりみれば気付くんだろうけど、手強い岩石である。
 緑泥石片岩:変成岩地帯ではよくみかけるタイプの岩石。二連続で岩石かよ!と呻いた。氷に覆われた写真を例として出すのは無茶苦茶だと思うの。なんかヤケクソである。
 レパードスキン:アクセサリーや装飾品にされることもあるなら「宝石」に分類してやれよ。そんな煽りを入れてしまう。岩石というか純度の低い玉髄?
 かんらん岩:すべて岩石でコンプリート。含んでいる赤い石榴石やペリドットの写真に慰められる。地球の深部と地表がつながっていることを感じさせてくれて好きな岩石ではある。

世界の鉱物産地/チェコ編
 山脈に囲まれた森の国。石炭や金属鉱物など堅実なものの産出が多い。なんだか国民性を思わせるのだった。ドルの由来が興味深かった。めぐりめぐってアメリカの通過がいちばん有名になるとは…。

ディスカバリー/造岩鉱物
 有名な鉱物にまじって意外な鉱物があげられていておもしろかった。方沸石やひすい輝石も造岩鉱物に含まれるのか……。

ディスカバリー/バソリス
 なんか聞き覚えがあるけど、イメージが固くて圧迫感があるというか。まぁ、岩体だぁね。地形の要素として大きな役割を果たしている。


鉱物関連記事一覧
カテゴリ:地学 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:32 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1088
トラックバック