<< 群雄戦国志3〜秀忠、大返し 尾山晴紀 | main | 雑誌「省エネルギー」2009年10月号 >>

群雄戦国志4〜最終決戦、山王山! 尾山晴紀

 2巻に出てきた神辺城ちかくの山王山ではなく、岡山城近くの山王山での最終決戦!合同した家康、秀忠軍に対して、秀頼の出馬によって大幅に増強された東軍が襲い掛かる。伊達政宗が大張り切りというより大はしゃぎ、ファンタジー小説の早熟天才無敵主人公をうわまわる天分をみせた秀頼と合わせて、やりたい放題してくれた。
 それを相手にする側として、妖怪狸爺はいいが、徳川四天王や正信が不憫であった。

 前回の山王山の戦いを合わせて、関が原の戦いの要素をうまく展開に取り込んでいたと思う。毛利輝元を小早川秀秋の代わりに使うのは、小早川のお家騒動が中国での戦いの遠因になったことを考えると強烈な皮肉が利いていた。
 戦後の扱いも芳しく、その点は秀秋と――というよりは豊臣家が家康と――違いが強調されていた。百万石を超える大々名が宇喜多、前田、毛利と三つも存続を許されているのだから豊臣政権は太っ腹だなぁ。

 それでいて安定性を感じさせるのは幼少の秀頼を軸に、いろいろな背景をもつ集団がしっかりとまとまっている雰囲気を醸し出せているおかげか。陸戦だけではなく水軍の戦いが描かれたことも、一役買っているかもしれない。
 これに比べると家康の論功行賞とそれに続く仕置きはまだまだコネがものを言うところが強かった――明治維新も似通っている。徳川政権ほど豊臣政権は長続きしないかもしれないが、日本に与える方向性ではこちらの方が良いものになりそうだ。

 石田三成が小さな恩賞で満足して、さっさと引退したことは、漢帝国の創設時に張良がうまく身を処したことを思わせた。その帝国と比べると豊臣家は大きな発言力をもった親戚がいないからかえって統治が楽だったりするかも。
 あえていえば関東の宇喜多家が気になるが、呉楚七国の乱を起こさないように巧くやってもらいたいものだね。なんにしろ三成の仕事は終わって、あとは秀頼を中心とする新世代の人々に委ねられたと思いたい。
 ただ、その中に三成の嫡男、重家の名がないことが悲しい…。

尾山晴紀作品感想記事一覧

群雄戦国志〈4〉最終決戦、山王山! (歴史群像新書)
群雄戦国志〈4〉最終決戦、山王山! (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 17:22 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1093
トラックバック