<< 月刊ニュートン2010年4月号 | main | グラフィック図解 長篠の戦い 歴史群像シリーズ >>

蛍光鉱物&光る宝石ビジュアルガイド 山川倫央

 光る石ガイドブック〜蛍光鉱物の不思議な世界〜の著者による2冊目のルミネッセンス鉱物本。1冊目の時点でこのテーマでよく本にしたものだと驚いたのだが、2冊目がでてきてもっと驚いた。

 さすがに話題の幅は大きく広がって、蛍光にとどまらない光学効果を扱うようになっていた。それが深入りしすぎず分かりやすいものが多いので結構愉しめる。
 深入りするときはとことん深入りして、ピッチブレンドからのラジウム分離フローまで載せてしまう作者だけれど……。

 なんといってもアメリカの大地を舞台にくりひろげられた、UVランプを手にした探鉱者たちの物語が興味深くおもしろい。思わず私も真似してみたくなってしまうが、踏み外しには充分気を付けないと……。
 紫外線に美しく輝く灰重石に含まれるタングステンや戦後大々的に探査されたウランが戦争資源として求められていた事実には、ぞっとしない気分を覚えもした。
 国内の鉱物産地にも第二次世界大戦時の資源不足で試掘されたものが結構あるし、こういう趣味をもっていると鉱物と戦争の密接な関係を思い知る。


 写真のほうもあいかわらず美麗で驚嘆させてくれる標本が揃っている。前作では「こんな石が光るのか!」が多かったのが、今作では「こんな光る石があったのか!」が増えたところが変化した点であろうか。
 実はUVランプを買ってすぐに壊してしまった私だが、再びUVランプを購入して思う存分、手持ちの標本浴びせかけてやりたくなった。

 巻末資料も充実していて、とくに「蛍光鉱物識別表」の詳しさが凄かった。UVランプなどの光学特性を利用して鉱物鑑定の幅を広げられれば、鉱物趣味の新しい世界がひらけるかもしれない。


著者のサイト
鉱物 たちの 庭  ★鉱物と鉱石と宝石と結晶と…★

蛍光鉱物&光る宝石ビジュアルガイド―光る石を楽しむデータ・ブック (ROCK&GEMコレクション)
蛍光鉱物&光る宝石ビジュアルガイド―光る石を楽しむデータ・ブック (ROCK&GEMコレクション)

鉱物関連記事一覧
カテゴリ:地学 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 16:00 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1162
トラックバック