<< 科学のアルバム 鉱物〜地底からのたより 塚本治弘 | main | 戦国維新1〜島津東征伝 荒川佳夫 >>

覇者の戦塵1944〜マリアナ機動戦2 谷甲州

 マリアナがタイトルになっているけれども、この巻の戦場はもっと南のラバウル周辺。しかしそれはマリアナを巡る日米両軍の駆け引きと密接に連携しているのであった――。
 ついに訪れた陣内少佐と蓮美大佐の邂逅は、わりと大人しく陣内少佐が呑まれるかたちで落ち着いてしまった。なんだかんだで規模のある部隊の指揮官になったことで陣内少佐も落ち着いたなぁ。
 もっと尖っている時代にぶつかっていたら……と愉しく考えてしまう。同じ海兵隊である小早川少佐と蓮美大佐の関係も気になるところだ。秋津中佐は、まぁ……周囲の人間にはついていけない以心伝心をするんじゃないかな。常識人サイドが表面に出れば振りまわされるかもしれない。

 膠着した戦線では日本軍の対艦誘導ミサイルが大活躍!翔竜こそが、この世界の技術者が苦心惨憺して開発した決戦兵器だ。こちらにとってのTV信管のように、相手が持っているからといって簡単に真似できない技術に育っていると思う。
 そこに大いなる期待を懸け、今回の戦果にもエキサイトした。まぁ、ジェットエンジンタイプの翔龍(誘導式V1ロケットに近いのかな?)には速度に問題があるようで、装備の充実した艦隊攻撃となると同時大量発射で防御網を飽和させる必要がでてくるかもしれない。
 そうすると同じ目標に必要以上に命中してしまう問題もあるんだけど、そこは後から雷撃の「限定的な使用」とやらをしてやれば良いのだろうか。逆探誘導が対空射撃レーダーにも反応するなら米海軍にとって悪夢のような攻撃だ。
 気がつけば大峰や翔竜などの新兵器がモノをいう派手な展開になっている。


 木谷兵曹を「師匠」と呼ばないのが不思議になってきた大津予備中尉の分析のおかげで、米軍もかなり苦しい状況になっていることが分かるのも希望が持てる一因か。さすがにアメリカも一流の人材には限りがあり、諜報戦などでは――日本軍内の対立も功を奏して――勝機がみえてくる。
 その視点では航空管制ができる人間を乗せた警戒駆逐艦を潰されたのも相当大きな打撃だろう。作戦を仕掛けられる巧い手を考え出したことが結果的に貴重な人材を甘い防備ですり潰すことになっている。
 潜水艦部隊も苦労しているみたいだし、いくら充実したマニュアルで人材を大量生産できても、基幹となる精鋭が枯渇してしまえば総体的な戦力は低下するはずだ。ヨーロッパ戦線に大量の資源を投入しなければならない状況ではなおさら。
 そして、戦後のことも睨まなければならないわけで、アメリカも大変である。

谷甲州作品感想記事一覧

マリアナ機動戦〈2〉―覇者の戦塵1944 (C・NOVELS)
マリアナ機動戦〈2〉―覇者の戦塵1944 (C・NOVELS)
カテゴリ:架空戦記小説 | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 11:49 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1190
トラックバック