<< 海上の森〜四季のファンタジー 矢崎進写真集 | main | 動物チラリズム-趣味は人間観察ですけど…?- やきそばかおる >>

青柳鉱物標本 青木正博編 地質標本館

 表紙にスコレス沸石を持ってくる渋いセンスが大好きぃいいいい!

 地学教育に尽力してこられた青柳隆二先生の鉱物コレクションが、地質標本館に寄贈されることになったさいに制作された標本写真集。出版の経緯が今吉鉱物標本 地質調査所によく似ている。

 こちらは外国産の標本も積極的にコレクションにくわえられており、基本的な鉱物種を王道産地でしっかり押さえている印象があった。さらに、同種の鉱物を産状や産地別に複数確保していることが多い。
 教育用にもちいることを考えれば、それも当然かもしれない――赤谷鉱山の金平糖型自然砒はでてきて当然のようにでてくるなぁ。
 それだけに標本のグレードは全体的に高く、1ページ丸々写真につかって紹介されている標本には目を奪われた。ファーデン水晶が群晶になっている姿は断層線を思わせて圧巻だった。谷みたいに付け替えがおきそうだと妄想してしまう。
 黄色のスクロドフスカ鉱と二重になっている銅スクロドフスカ鉱のもっと大きい写真でみたかったものだ……というか実物が欲しい。

 コレクションの特徴である福島県石川産のペグマタイト鉱物は青柳先生が第二次世界大戦時にウラン鉱を探しながら集めたものとのことで、非常に歴史を感じさせる。福島産のペグマタイト鉱物は、他の三大ペグマタイト産地(や山梨県黒平)の標本にくらべると華がない印象があるが、それはここでも払拭されなかった。
 やっぱり華の代わりに重厚感に満ちている。国内標本であろうとも堀先生のおっしゃられていた「鉱物はお国柄を反映する」に則っているのかもしれない。

鉱物関連記事一覧
カテゴリ:地学 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:46 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1208
トラックバック