<< 封印された日本の離島 歴史ミステリー研究会 | main | 海皇紀アルティメット・ガイド 川原正敏 >>

隔週刊トレジャー・ストーン22 ディアゴスティーニ

ミネラルファイル-宝石
 モルダバイト:非晶質の宝石。そしてカットしない方が風流だと言われてしまっている……あえてカットしたのもの一つ載せてほしかった。まぁ、硬度が低いのもあるね。
 オブシディアン:これもけっこう強引に宝石に分類されている印象がある。確かにいいものが上手くカットされると文句なく綺麗だけど。

ミネラルファイル-鉱物
 リシオフィライト:知っているものの別名に思えて仕方なかったけれど普通に知らない鉱物だった……リチなんとか石が多すぎるよ。写真をみた感じ、名前ほどは魅力的ではない。
 菱亜鉛鉱:とっても王道の鉱物。コレクションする場合、これはさすがに押さえておきたいタイプ。いいものを求めはじめると際限のないタイプでもあるかもしれないが。
 安四面銅鉱:名前的にメジャーでひとつ標本をもっておきたいと長く思いながらも果たせないでいる鉱物だ。よいもののイメージに毒されすぎているのかなぁ。知名度のわりにレアなのもありそうだ。

世界の鉱物産地/カナダ編
 こと鉱物に関していえばカナダは夢のある土地だ。ついつい熱い視線を送ってしまう。地球温暖化で開発が進むとしたら素直には喜べないのだけど…。

地球物語/英仏トンネル
 地質調査をしっかりやっておくことは最終的な予算の圧縮につながる。地質断面図がよかった。マール層といえども断層の走っている部分では浸水に苦労させられたんだろうな。

ディスカバリー/六方晶系
 二ページで写真と図をふんだんにつかえば、文章はちょっとだけ。写真にあった銅藍の結晶はけっこう珍しい気がした。


鉱物関連記事一覧
カテゴリ:地学 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:34 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1252
トラックバック