<< 覇真田戦記2〜真田昌幸の神謀 神宮寺元 | main | 目で見てわかる手仕上げ作業 平田宏一 >>

異説桃山戦記 三成死すべし2〜秀頼の葛藤 尾山晴紀

 25万に達する公儀方の侵攻を受けて瞬く間に領土を剥ぎ取られていく関東の宇喜多氏。その苦境を時間稼ぎに、遠く九州の地では豊臣秀頼が軍を起こす。史実にいう関ヶ原の合戦を少しずつ西にスライドさせた戦役の幕が本格的に開けるのだった。
 だから、豊臣軍は近江で非常にてこずっている。そして、その間に秀頼が公儀に対して謀反を起こしたと主張する石田三成の本体が帰還しつつある。強力な大義名分をいただくことで一方的な展開になるかと思いきや、公儀の方が戦いを有利に進めている始末だった。
 豊臣軍が大阪に得た地歩の狭さに、優勢な公儀水軍の存在をあわせて考えると、炎上してものの役に立たなくなった大阪城に押し込めてしまわれかねない……せめて中国地方に抜けて逃げる必要はあるのだが、毛利輝元の帰還で行動は簡単にはいかなくなった。
 はてさてどうなることやら。

 展開上、2巻になっても尾山先生が得意としてそうな大規模野戦が描かれていない。
 城攻めの連続だけでも、戦争が進行するのは確かだが、エンターテイメントとして物足りなく感じる部分があった。そのせいか両軍ともに移動距離は大きいにも関わらず、ストーリーにダイナミックさが欠ける印象をもってしまった。
 せめて、宇喜多家がうまく出撃できていればなぁ――豊臣軍の窮状を考えるとひと働きして戦力に余裕をつくってもらわねばなるまい。関ヶ原の上杉家の二の舞だけは勘弁。
 だが、この世界の佐竹家がやたら強力なので、こちらも一筋縄ではいかないだろう。

 秀頼の決起を受けた三成の対応は、公儀を「お家」に見立てて当主より優先させる感覚の延長線上にあると受け取った。豊臣秀秋という格好の挿げ替え先があったため予想外に巧く行ってしまっている。
 公儀が「お家」に相当させるなら、それは日本全国が「お家」みたいなものであり、かなり先進的な思想にもなるのかもしれない。

 秀頼が名君として軸がぶれてきているせいで、三成を単純な悪役と思うのも難しくなってきた。ただ、陣営にアクの強い連中が多い気はするが。

尾山晴紀作品感想記事一覧

異説桃山戦記 三成死すべし〈2〉秀頼の葛藤 (歴史群像新書)
異説桃山戦記 三成死すべし〈2〉秀頼の葛藤 (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 00:59 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1272
トラックバック