<< 新三河物語・中 宮城谷昌光 | main | 目で見てわかるフライス盤作業Visual Books 澤武一 >>

新三河物語・下 宮城谷昌光

 そして、回天のときは訪れる――のだが、大久保氏を中心に描いているこの作品では、小牧・長久手の合戦や関ヶ原の合戦は軽く触れられているだけで、どちらの時も主敵は真田昌幸になっている。
 これもひとつの天下分け目の戦いなのであろう。京都における応仁の乱が日本全国に広がっていったのとは、逆になっているように感じられた。
 甲州における戦いでとても目立っていた柴田康忠は何とも言えないキャラクターをしていたよ。かわいげのある武将とは彼のことを言うのではないかと思ってみたが、同僚にとってかわいげがあるのと、主君にとってかわいげがあるのは異なるのであろう。
 特に、家康が家臣と一緒に戦えなくなってからは……。

 鳥居元忠と平岩親吉への評価がとても低い点には驚いた。平岩親吉はやっていることは良く分からないけど、名前だけはやたら見かける武将という印象だが、鳥居元忠は伏見城を枕にした印象が強くて、ここまで悪く描かれるとは思わなかった。
 石川数正のこともあったから、時間稼ぎのために城に篭って討ち死にした彼への家康の評価は高まったのかもしれない。やっぱり解せないのは平岩親吉だ。
 徳川信康が切腹した件について家康が恨んでいたならば、それぞれへの処理に温度差があったことはいまいち納得できなかった。大久保家はとことん武門の家であり、このまま残しておくと後世の統治に差し障りがあるから先が短く恨まれてもいい家康が封地を奪った。
 そんなところだと思いたい――秀忠が後で罪を免ずる形にすれば、実質減封でも感謝されることにさえなる。尾張者ならバカバカしい茶番だと見透かすけれど、純朴な三河者は喜んでしまうのであった。
 大久保家に対して峻烈な人物として描かれる家康が、豊臣家に対しては最後まで温情をもった人物として描かれていることに違和感があった。そういえば家康の大久保家に対する思いが直接こうであると描写されたことはなく、すべて平助たちの推測である。

 主人公の大久保忠教が、あとがきまで諱で呼ばれることがなく、平助や彦左衛門で通していたところに奇異な印象を受けた。三人称ながら、客観的にみれない人物ということであろうか。

新三河物語〈下巻〉
新三河物語〈下巻〉
カテゴリ:時代・歴史小説 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:03 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1419
トラックバック