<< 人生の言葉 「人生の言葉」編集部 | main | 秀吉覇戦記2〜打倒!戦国魔王 吉本健二 >>

秀吉覇戦記1〜異変!本能寺 吉本健二

 信長がすんでのところで本能寺の変をくぐり抜ける――までは良くあるIFなのだが、そこから明智光秀の策謀によって羽柴秀吉が謀反の黒幕にされてしまうところが異常に尖った味を醸し出している戦国シミュレーション。
 いくらなんでも信長は冷静さを失いすぎだと思うのだが、このタイミングで秀吉と信長が衝突するのは非常に面白い。すべての陣営にもっとも人材が充実している――と感じられる――時期なのだ。
 秀吉の馬廻り衆など錚々たる面々で、かえって乱戦の中で死者を出せないことに違和感が生まれてくるほどだったりする。
 何故か信忠を筆頭にして一騎当千を遠慮なしにやる作品だから、名のある人間が簡単に死ななくても問題はない……もっと大きな問題があるわけで。

 謀反に失敗しながら、秀吉を巻き込む陰謀に成功した光秀が史実よりよほど幸せそうなの点が愉快だ。
 変な面子で行われることになった山崎の合戦にあっても、予想外のしぶとさを見せていた。話の始めで言っていた「都を背後にして戦ったら負ける法則」はきちんと守られていたなぁ。絶妙なタイミングでの秀長の参戦は、ぶっちゃけ予想がついていた。作品のタイトルで秀吉が主人公であることを主張しなければ、もっと展開が読めなくて楽しめた気がする。

 最後は、おねによる徳川家の取り込み工作。
 最近読んだ戦国シミュレーション作品では必ずと言っていいほど彼女が活躍している。豊臣家は頭脳に恵まれすぎだよ。

秀吉覇戦記〈1〉異変!本能寺 (歴史群像新書)
秀吉覇戦記〈1〉異変!本能寺 (歴史群像新書)
カテゴリ:架空戦記小説 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 00:05 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1432
トラックバック