<< 覇者の戦塵1944 マリアナ機動戦4 谷甲州 | main | 歴史REAL vol.1 戦国合戦を科学する >>

明智軍戦記3〜伊勢大和の激戦 神宮寺元

 四王天政孝、お前って奴は……最高だ!
 まるで生きる世界が違うかのごとく理不尽な戦闘力を発揮する四王天政孝にメロメロになってしまっていた。そんな彼もついには不帰の人になってしまったかと、しんみり思っていた場面で襖を開けて登場するものだから、本気で吹いた。
 やってくれる喃。

 光秀、秀吉、家康による三つ巴の天下取り合戦は、間に挟まれる形になった光秀がいつもの粘り強さを発揮して各個撃破を決めていく展開に終わった。
 秀吉はちょっと精彩に欠けていた気がするなぁ。山崎の合戦で押しきれず、掴めなかった流れが結局最後まで史実の天下人から逃げていた感じがする。伊勢での複雑な地形を互いに利用した戦いは、情報をうのみにせず調べられる範囲でも把握しておくことの重要さを教えてくれた。
 神宮寺先生の蒲生氏郷はやっぱりいい仕事をする。

 黒田官兵衛の生臭い策謀があって秀吉が落ちたあとは、北条氏を援軍にむかえた家康との岡崎最終決戦。
 小牧・長久手の戦いにおける、秀吉と光秀を交換した構図に近いと思って読んだが、展開は大きく違っていた。史実の秀吉に比べれば、そこまで圧倒的な兵力をもっていたわけではない光秀は優勢な海軍力を活かして徳川領を千切りにしようと企む。武田家が山からやろうとしていたことを、海からやる感じかな。
 そこまでは家康の読み通りだったのだけど、最後は物凄い奇襲が三英傑最後のひとりを倒してしまうのであった。

 結局、この作品の光秀は信長・秀吉・家康の三英傑を全て倒したことになる。この圧倒的な武力は天下も認めざるをえまい。

神宮寺元作品感想記事一覧

明智軍戦記3 (歴史群像新書)
明智軍戦記3 (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:25 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1440
トラックバック