<< これはゾンビですか?6〜はい、どちらも嫁です 木村心一 | main | 神明解ろーどぐらす5 比嘉智康 >>

軍事分析 戦国の城 歴史群像シリーズ

 雑誌「歴史群像」に収録された城の紹介記事と、城関連の考察記事を一冊にまとめた本。戦国の堅城および戦国の堅城の系列にあたる。タイトルを靴砲靴覆ったのは、続きものと思われて敬遠されることを心配したからか……戦国の堅城はもう手に入らないからなぁ。もっと重版を掛けてほしい。

 軍事分析とある通り、軍事的な視点から城を分析する方法が全編を透徹している。その対象には通説では武士の日常的な暮らしの場所とされた「館」や、防御力に劣ると評価されがちな戦国初期の平城も含まれ、既存のものの見方に疑問を投げかけている。
 前近代的な平城が弱いといっても駿州田中城の例もあるわけで条件次第で一概には言えないのが、やはり真実なのだろう。

 館の再評価以外で目を引いたのが、城番制に関連して各地の城に共通のユニットが造られるようになっていったという解説だ。
 どの城に勤務することになっても、同じ形式で造られていれば同じように守れる。それはわかるのだが、裏をかえせば攻める側も常に同じような形で攻めることができる弱点も生じるのではないか。
 城郭ごとの解説を読んでいくと、その「慣れ」を逆手にとったり、慣れなど物ともしない圧倒的な鉄量を叩きつけたり、城郭のさらなる進化が垣間見える。
 そんな事情があって武田氏や後北条氏、織豊系城郭が一定の様式に染まっていく中、地方勢力にはオリジナリティあふれる縄張りを行うことで攻め手の意表を衝くチャンスが生まれる。二重塁壕をもつ常陸の塙城は理想的な例だ。

 また、城の構造を通じて社会の変化を描き出しているところも、興味深かった。命令の受ける側の精神が適合しなければ、その施設を使いこなすことはできないのである。


 付城を含め解説の対象となる城はバラエティに富んでいるが、古墳を利用した「岡ミサンザイ古墳城郭」はとりわけ異色を放っていた。さすがは三好氏、やることがロックである。
 肥後田中城攻囲戦がカエサル率いるローマ軍のアレシア攻囲戦にすごく似て見える。秀吉はガリア戦記を知っていたのか、知らなくても軍事に一定するルールから方法が似てくるものなのか。非常に関心をそそられる。
 長谷堂城は惣構を使って戦うと中央部の山が兵力移動の邪魔になるな……。


関連記事
戦国の堅城
戦国の堅城
戦略・戦術・戦史Magazine 歴史群像 感想記事一覧

戦国の城 (歴史群像シリーズ特別編集)
戦国の城 (歴史群像シリーズ特別編集)
カテゴリ:歴史 | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 00:33 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1491
トラックバック