<< 風神秘抄・下 荻原規子 | main | ドアーズ1巻〜まぜこぜ修繕屋 神坂一 >>

関ヶ原疾風録1〜若き大老の決意! 尾山晴紀

 関ヶ原合戦寸前の大垣城、徳川軍の脅威を受けて転進しようとする石田三成の判断に、若き大老宇喜多秀家が異論を唱えるところから始まる。スタンダードが一周回ってフレッシュに感じられる歴史シミュレーション。
 宇喜多秀家は年齢の割に物凄い責任を負わされることがあるなぁ――史実でも相当なのに、フィクションに至っては。そういう時代とはいえ、我が身と引き比べて思うところが多かった。
 彼の家臣としては明石全登が有名だが、この作品では本多正信の不肖の息子、本多政重も第活躍している。おかげで本多の姓が現れること夥しい。

 精強をもって知られる徳川軍だけど、唐入りに参加せず実戦経験不足になっていたことが指摘されて、戦闘力は低めに見積もられていた。それを言ったら宇喜多軍も相当ひどいと思うのだが……。
 指揮官はアレだけど、その点、小早川軍などは最強クラスなのではないか、と思う。もちろん、島津家はこの世界でも元気一杯である。たまには無気力な薩摩隼人も見たいと無茶振り。


 ともかく、秀家の岡山(岡山県ではなく大垣城に対する東軍の陣地)夜襲によって、戦いの主導権が西軍に傾きはじめ、戦いは関ヶ原の決戦から離れて、小さな戦いの連続になる。
 こうなると活躍の機会を与えられるのが、田辺城や大津城を攻めていた連中で、毛利輝元の動きもそれなりに積極的になってくる。

 地方戦線としては近江に直結する北陸戦線に視線が集中している。奥州や九州の動きも大いに気になってくるところである。最上家は大丈夫かなぁ……。
 関ヶ原前々日からの改変を、どこまで膨らませるのか、楽しみだ。

尾山晴紀作品感想記事一覧

関ヶ原疾風録 (歴史群像新書)
関ヶ原疾風録 (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:19 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1497
トラックバック