<< 異戦国志13〜天下一統 仲路さとる | main | あとに残された人へ 1000の風 >>

豊橋自然史博物館 キラキラ水晶展パンフレット

 鉱物の中でも水晶だけにこだわった展示のパンフレット。目玉は山梨大学の水晶館から貸し出された展示品とのこと。おかげで明治時代の工芸品が多く出てきて新鮮だった。当時は極端に高くなかったのだろうが、今の目から見れば凄く希少で凄く欲しくなる。水晶のウサギが可愛い。

 山梨の水晶産業そのものは、衰退傾向に歯止めが掛からない現状にあるようで粛然とさせられた。いっそ国産水晶・国内加工に活路を見いだせないものか――大きな水晶が安定して手に入らないし、水源保護のために採掘が禁止された経緯があるから難しそうだ。

 山梨県以外では日本三大ペグマタイトと、豊橋の博物館だけに愛知県の水晶が取り上げられていた。茨城県真壁のペグマタイトも凄いよ。ただ「水晶」となれば、やっぱり三大ペグマタイトに落ち着くのかな。
 愛知県瀬戸市の丸藤鉱山と大学鉱山は初耳の産地だったので、興味深く読ませてもらった。実際、自分に行く機会が巡ってくるかはともかく……。水晶だけではなく産地の露頭写真を多く載せてくれているところも良かった。

鉱物関連記事一覧
カテゴリ:地学 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:22 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1507
トラックバック