<< 海の帝国〜アジアをどう考えるか 白石隆 | main | 陸奥圓明流外伝修羅の刻パーフェクトガイド 川原正敏 >>

戦国武将の遺言状 小澤富夫

 北条氏綱から池田光政まで、戦国時代の中期から江戸時代の初期を生きた戦国武将たちの遺言や最期の言動が紹介されている。

 一通の手紙から話が大きく発展して、その死の謎に迫る展開になることもしばしば見られる。特に何故か含まれている千利休の死が興味深かった。へうげもので漫画化されたものを見ているおかげであろう。細川忠興がどうしても、おかげで頭に青筋を立てた姿でイメージされてしまう。

 自己否定に固まっている毛利隆元は、とても可哀想で見ていられなかった。いつもあんな精神状態ではなく、特に弱気な一面が表れているのだとは思うが……。
 いっそ、秀吉まで憐れになれば喜劇的に見えてくる。しかし、晩年の誇大妄想に取りつかれた彼の有様は、巻き込まれた人間のことを考えれば笑っていられる状態ではない。まぁ、フロイスの人物評には宗教的なバイアスが掛かっている点は考慮する必要があるだろう。

 全般的にステレオタイプな人物像が描かれている印象だった。武田信玄と上杉謙信の場合は特にそれが顕著である。
 信玄くらい生臭さをあからさまにしていれば――建て前の裏に隠されそうな本音が今に至るもはっきり残っている点が凄い――かえって爽やかに感じられてしまう。

 あと、人情味あふれる遺言を遺した森長可のエピソードでは、葉隠の創った武士観に一石を投じつつ、葉隠そのものにも解説を加えてくれており、かなり読み応えがあった。

戦国武将の遺言状 (文春新書)
戦国武将の遺言状 (文春新書)
カテゴリ:歴史 | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 00:38 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1518
トラックバック