<< 陸奥圓明流外伝修羅の刻パーフェクトガイド 川原正敏 | main | 漢帝国と辺境社会 籾山明 >>

ドキュメント信長の合戦 藤井尚夫

 織田信長の生涯にわたる戦いを文献とフィールド調査に基づいた考察と自然な色遣いのイラストレーションで描く。
 復元された当時の地形が非常に美しく、合戦そっちのけで眺めていても楽しいくらいだった。元々鑑賞性を重視されている安土城と、その城下町に至っては末尾を飾るのにふさわしい魅力を誇っていた。

 桶狭間合戦など謎の多い戦いには著者独自の考察が展開されている。ただ鵜呑みにするわけにもいかないが――この手の本を読むたびの鵜呑みにしていてはキリがない――何か確定的なことを言ってのけられるのは実地調査を行った人間だけだと感じた。
 戦いの展開そのものには、そこまで大きな謎のない三方ヶ原の合戦や長篠の合戦についても、その背後には通説では見逃されている事情があったと著者は解いてみせている。
 謎の多すぎる桶狭間より、これらの方が素直に納得できた。

 全般的に合戦にいたるまでの外交的な流れの説明が丁寧で、それぞれの戦いの経緯と意義が――これはあくまでも著者の解釈によるものだが――良く整理されている。
 ひとつひとつの戦いに近視眼的になりすぎず、信長の合戦を学んでいくのに適した本である。

関連書評
グラフィック図解 長篠の戦い 歴史群像シリーズ

ドキュメント信長の合戦 (歴史群像シリーズ特別編集)
カテゴリ:歴史 | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 00:22 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック