<< 月刊天文ガイド11月号 | main | 大地の躍動をみる 新しい地震・火山像 >>

シェイクスピア名言集 小田島雄志

 シェイクスピアはこれ全編が名言、クジラがどの部分も利用できるように、どの部分を引用しても許される風潮がある劇作家ではないかと思っている。
 名言集で劇作家が哲学者よりも有利なところは自論とは正反対のことを登場人物に語らせることができる点だ。それゆえに引用頻度が高いのではないか。もちろんシェイクスピアの鋭い人間観察が根元にあるのは間違いない。

 この本ではそんなシェイクスピアの名言の中でも有名で印象的なものを取り上げ、舞台での状況についてまで解説を加えている。著者が人生で経験した類似のできごとも最後に添えられる――シェイクスピア的動物とでも評そうか、劇が人生と固く結びついて同化してしまうこともあるのだな。羨ましくはないが記憶を補強するには役立つ手法だ。

 いくつかの句は気に入ったのでメモっておく。ブログで改変して使えないか考えている時点で私の業も深い。

 I think Maria be seventeen and think she is not.

シェイクスピア名言集
シェイクスピア名言集
小田島 雄志
カテゴリ:文学 | 12:22 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:22 | - | -
コメント
 こういう便利なものがあったんですね。小田島訳はいいらしいですね。新潮辺りの福田訳はバイトでやったっていうのであまりよい訳じゃないらしいですが。小田島さんならなんかよさそうですね。
|  恐竜戦隊 | 2007/05/04 5:32 AM |
 私は作品そのものより名言を好んでしまう人間なので、こういうのは重宝します。
 小田島訳はたまに癖を感じますが、文章にリズムがあって良いです。
| こいん | 2007/05/04 2:03 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック