<< はじめてのシール技術 山本雄二・關和彦 | main | 草原の風・上 宮城谷昌光 >>

河内源氏〜頼朝を生んだ武士本流 元木泰雄

 頼信から始まる河内源治の波乱にとんだ系譜を、入念な史料批判の上で描きだしていく一冊。
 大騒動に何度も巻き込まれ、たびたび存亡の危機に立たされながらも、より強力になって甦る河内源氏の政治的生命力が感じられた。

 ただし、武門としての働きは途中まで微妙な印象で、平将門が叛乱することの告げ口が(嘘から出た真的に)的中したのを皮切りに、有名な二度に及んだ東北の乱では現地の有力勢力にうまいこと相乗りして利益を得ているなど、パッとしない印象で描かれている。その方が生々しくて魅力的という考え方もできるかもしれない。

 受領や官位を追い掛け、他と比較することで、時代ごとの河内源氏の立場を整理してくれており、後世の幕府をひらいた源氏の印象に囚われない視点を確保していた。
 どうしても運命や必然のように感じてしまう源氏の躍進も、様々な幸運の結果あらわれたものなのだ。為義時代から上位にいた伊勢平氏は言うに及ばず、河内源氏と同等の力を持っていそうな勢力が散見される。
 源平のみならず、それぞれに劇的な歴史があったことであろう。そんな想いを馳せることができた。

 あと、とかく批判されがちな藤原信頼の再評価が行われていることも特筆に値するかと。

河内源氏 - 頼朝を生んだ武士本流 (中公新書)
河内源氏 - 頼朝を生んだ武士本流 (中公新書)
カテゴリ:歴史 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:36 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック