<< 愛知の山城ベスト50を歩く 愛知中世城郭研究会・中井均 | main | 爆笑史記列伝〜爆笑人物笑史 シブサワ・コウ編 >>

覇徳川大戦1〜信長、信貴山に死す! 河原谷創次郎

 松永久秀最後の謀略によって織田信長が爆死するところから始まる歴史シミュレーション。スタートのタイミングがよく、爆発に巻き込まれなかった織田信忠の元、まとまる織田家と願って徳川家をふくむ周辺勢力の激戦が楽しめる。
 明智光秀と羽柴秀吉の連携が熱い。織田家は名将揃いで信忠も間違いなく大器として描かれている。
 ただ、タイミングが違っても信長が死ぬと滝川一益は電池切れになってしまうらしい。史実でも、すぐに覇気を失ったわけではないが。

 長篠の合戦で土の付いている武田勝頼は、家康相手の戦いで、残念さを上塗りしていた。いくらなんでも嵌められすぎ。長篠で背後を立たれることの恐ろしさを充分に味わったはずなのに酷い体たらくだ。
 対武田戦の徳川軍はまだ自重していたけれど、織田信雄が攻めてきた時の西三河軍団は本当に三河武士だった……トラウマになりかねない衝撃があったよ。5千対2万5千ていどの兵力差なら出撃しても違和感はない、三河武士的に!
 家康の祖父の祖父である松平長親なんか、もっとキチガイじみた兵力差で戦っているからなぁ。見ろ、姉川の合戦が行楽のようだ!

 織田信雄くんにはだいぶ笑わせてもらった。フィクションの織田信雄は残念なキャラであることを強いられているんだよ!
 だが、同レベルの政治家がたくさんいそうなことを考えてしまうと喜劇も悲劇となる。

覇・徳川大戦: 信長・信貴山に死す! (歴史群像新書)
覇・徳川大戦: 信長・信貴山に死す! (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:57 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック