<< GOSICKs-ゴシックエス-供漸討ら遠ざかる列車 桜庭一樹 | main | 図説 関ヶ原の合戦 白水正・編 >>

廻天の掟 関ヶ原争乱録1〜三成の決意、吉継の疑惑 尾山晴紀

 もう徳川をいじめんといて!

 読んでて思わずそう口にしちゃいそうになる西軍イケイケモードの関ヶ原IF。すでに戦場が三河国内に食い込んでいるので関ヶ原が関係なくなっているが……タイトルにした以上は、2巻でなんとか決戦場になるのかなぁ。
 それならたぶん、徳川家が滅びた後に、黒田如水が九州の兵をひきいて関ヶ原にやってきて三成軍を粉砕する展開だな、うん。兵站とかは知らん。

 史実とはまったく異なる西軍快進撃の裏には石田三成に的確な手紙を送る謎のフィクサーの存在が隠されている。
 容疑者の一人であった真田昌幸は別方向にもっと酷いことをやらかして脱落。仙石秀久はもう少しで“また跡取りを死に至らしめる”ところだったよね。実に、業の深い連中である。
 もう一人の容疑者は黒田如水となるが、息子の長政が思いっきり徳川に入れ込んでいるし、怪しいからこそ外れる予感がある。首謀者は一体全体だれなのか?高台院なら文句なしに納得しちゃえるんだけどなー。
 あっと驚く種明かしに期待したい。

 小早川秀秋はいつも通りの優柔不断。勝ち組が読めずにふらふら苦悩している。一気に勝者を決められるだけの兵力をもっているのだから意志を固めてしまえ。他人の目からは、そう思えてしまうのだった。

 家康の状況は、天下人秀吉と張り合っていた時代にくらべればマシ、か……?前田家と上杉家が関東を伺って動きはじめたせいで、それも怪しくなっている。あの時は北条家が背後を固めていたからなぁ。
 このままでは会津征伐をそっくりやり返される形で滅ぼされる。普通に北条征伐のリプレイと考えてもよいか。

尾山晴紀作品感想記事一覧

関ヶ原争乱録 廻天の掟1: 三成の決意 吉継の疑惑 (歴史群像新書 356-1)
関ヶ原争乱録 廻天の掟1: 三成の決意 吉継の疑惑 (歴史群像新書 356-1)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 01:27 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 01:27 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1733
トラックバック