<< NHKスペシャル四大文明[中国] 鶴間和幸 | main | 図説 メソポタミア文明 前川和也 >>

雪の結晶 ケン・リブレクト/矢野真千子

 スノーウォッチング。降雪地帯なら誰でも少ない投資で楽しめる奥の深い趣味――著者が北アメリカ大陸を所狭しと旅して雪を追い掛けていることを知ると、本当に低予算で済むのかは疑問になってくるが……。
 まぁ、機材についてはシステムを整えてしまえば追加の出費は少なくて済みそうである。

 ともかく多彩な雪の写真を見て楽しむことができ、見ているだけで涼しい気分になった。一つとして同じ形がない雪との一期一会は宝探しみたいで楽しいに違いない。実物を残すことができない点も、コレクションが場所を取らない意味では好都合かもしれない。残るのは大量のデータばかりである。
 それをきちんと整理して発表しないと宝の持ち腐れになってしまうところはあるなぁ。

 雪の結晶形態については、当然ながら鉱物学の知識が応用でき、いろいろと興味深かった。骸晶や双晶などの知識が非常に役立つ。
 中心から成長する決まりがあるために、成長過程を想像できるところも楽しい。ほんの15分で生まれたものであっても、地質学に通じる推理の趣きを秘めている。
 雪の結晶で成長過程の計算を訓練して、他の鉱物に応用していくこともできそうである。

鉱物関連記事一覧

雪の結晶
雪の結晶
カテゴリ:地学 | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 08:28 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1741
トラックバック