<< NHKさかのぼり日本史10奈良・飛鳥〜“都”がつくる古代国家 仁藤敦史 | main | NHKスペシャル 知られざる大英博物館 古代ギリシャ >>

歴群図解マスター 城 香川元太郎

 歴史群像で城の復元イラストを連載されている香川元太郎先生による城の解説本。この一冊で戦国時代の城について一通りの知識を獲得することができる。発展の歴史や西洋や中国との比較もちょっとある。

 説明のために著者が描いた復元図がふんだんに使われていて、その活動の歴史に圧倒された。たまに見覚えのないイラストがあって、どこに収録されているのか知りたくなってしまう。
 版が小さいため、イラストをじっくり眺めることには不向きで、解説と合わせて詳細が観察したい場合は、戦国の城シリーズを別に用意した方がいい。この本はそんなに嵩張らないので暇を見つけて繰り返し読み、城の知識を頭に叩き込むのに向いている。
 戦国の城シリーズなど香川元太郎先生の城郭イラストが載っている本を所有しているなら、本書をイラストのカタログとして扱い、気になったところを大版で確認する使い方もできそうだ。


 戦国の城シリーズを読んでいるため、個人的に目新しさはあまりなかったのだが、コラムに載っていた江戸時代の城マニアの話が興味深かった。好事家の行動が後世に貴重な財産となる。名古屋城天守屋根裏の櫃に入っていたものの正体が気になってしかたがない……もう知ることはできないんだよなぁ。


関連書評:大きな絵をじっくり観察したい人には以下がオススメ
戦国の堅城〜築城から読み解く戦略と戦術
戦国の堅城供\鑪・戦術に応じた多彩な城郭群
軍事分析 戦国の城
戦国の城全史 歴史群像特別編集:数を見たい人向け
日本の城[古代〜戦国編]〜知られざる築城の歴史と構造

戦略・戦術・戦史Magazine 歴史群像 感想記事一覧

城 (歴群図解マスター)
城 (歴群図解マスター)
カテゴリ:歴史 | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 00:24 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1767
トラックバック