<< 歴群図解マスター 城 香川元太郎 | main | 道が語る日本古代史 近江俊秀 >>

NHKスペシャル 知られざる大英博物館 古代ギリシャ

 大理石の白色を連想する古代ギリシャの建造物や美術。実はそれは後世の印象操作によって造られた紛いものであり、本当のギリシャ美術は鮮やかに彩色されていた。
 そんな知られざる歴史事実を白日の元に晒してくれる本。なのに表紙のギリシャ彫刻は真っ白なものが使われている……現代に残っている色がついていて素晴らしい作品が見つからないのは分かるけど、CG再現を活かしたりして何とかならなかったのかなぁ。おそらく担当者も悩んだのだと思う。

 そんな研究とは直接的な関わりはないが、動乱のさなかにあるギリシャの様子が描かれていたことも印象的だった。NHK取材班って問題が起きているところに――別の目的で――良く突撃しているような?
 そういう事例の記録は特に記憶に残りやすいだけかもしれない。
 歴史的遺産を発祥の地で静かに眠らせることのできない人類の未熟さが残念でならない。

 最後の美術論が、本格的なその手のものをあまり読んだことがなかっただけに、興味深かった。ギリシャの芸術家たちがさまざまな模索を行いながら、ある方向性に芸術を発展させてきたことが分かった。
 エジプトの影響を受けながら手探りで、自分たちが目標としているものも後世からの目のように明確には分からないまま、漸進を続けてきたのだろう。あるいは静止の中の動態表現のような目標があったと見ることも危険なのかもしれない。
 そんなことも心に念じてよく考えながら読みたい。

NHKスペシャル 知られざる大英博物館 古代ギリシャ
NHKスペシャル 知られざる大英博物館 古代ギリシャ
カテゴリ:歴史 | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 00:49 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1768
トラックバック