<< 東アジア世界と古代の日本 石井正敏 | main | コロンビア(ナショナルジオグラフィック世界の国) アニタ・クロイ >>

グアテマラ(ナショナルジオグラフィック世界の国) アニタ・クロイ

 中米の国グアテマラ。グアテマラ市は中米でもっとも発展した都市であり、国全体の人口も1436万人(2010年国連統計院推定)と意外と多い。しかも、人口の半分はマヤの末裔が占めているし、40%15歳以下で凄い勢いで増えている。
 なかなか将来が楽しみな国だ。

 しかし、つい最近まで悲しい内戦の歴史を抱えていた。
 アメリカは中南米でちょっと社会主義的な政策がおこなわれると直ぐにちょっかいを掛けるんだなぁ。マッカーシズムの後遺症なのかもしれないが、政治的な安定をあっさり奪われる方にとっては堪ったものではない。
 税金払っていないけど最大の企業というユナイテッド・フルーツ社を好意的にみることが難しい。

 自然ではペテンと呼ばれる北部の人口粗密地域が興味深かった。しかし、人口上昇率のことを考えると自然の維持に不安を抱いてしまう。通貨単位にまでしているケツァルをむざむざ滅ぼすことはないと信じたいのだが……。

グアテマラ (ナショナルジオグラフィック世界の国)
グアテマラ (ナショナルジオグラフィック世界の国)
カテゴリ:雑学 | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 11:37 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1772
トラックバック