<< 日本ふしぎ絶景ベスト50 渋川育由 | main | 戦国合戦奇譚 霧の戦場 尾上晴紀 >>

図説 世界古地図コレクション 三好唯義・編

 主に神戸市立博物館に所蔵された古地図から、むかしの日本人がどのような世界観を抱いていたか、海外からの刺激にどんな対応をしていったのか、その有様を描きだす。
 カラーで紹介されている地図がどれも魅力的で想像力を大いに刺激された。正確性がだんだんと上がって行く様子も楽しいが、仏教系世界図の宇宙観も嫌いではない。ヨーロッパの情報を描き加えて「妥協」しているところが可愛い。
 ただし書きにも執念を感じるレベルの物があって、地図を描いた人間の存在を確かに感じることができた。

 日本がヨーロッパから離れているおかげで、地図に描かれた日本の姿から探査の進展を知ることができる事情が興味深かった。銀島・金島はどこから出て来たのやら。北海道が半島になったり、島になったり、なかなか把握されていないところも面白い。

 後半の解説では知られざるオランダ通詞の活躍が描かれている。実は役人が最先端の情報を握っていた時代の雰囲気が伝わってくる。
 松平定信は再評価したいようなしたくないような……もし、田沼意次が失脚せずに蝦夷地開発が行われていたら、などと地図にはせる夢は尽きない。

関連記事
風雲児たち ワイド版1−6巻 みなもと太郎:日本に来た海外の探検家や蘭学者などの活躍が載っている漫画。

図説 世界古地図コレクション (ふくろうの本)
図説 世界古地図コレクション (ふくろうの本)
カテゴリ:歴史 | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 00:16 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック