<< 中国古典兵法書・孫子 中谷孝雄 | main | 覇者の系譜2〜天下人・信長の誤算 伊藤浩士 >>

覇者の系譜1〜目醒めた若獅子 伊藤浩士

 戦国に五人いる長政四天王のひとり、浅井長政が主人公の歴史シミュレーション。織田信長に反旗を掲げず、むしろ積極的に朝倉家に攻めかかかるIF展開を描いている。おかげで久政パパに全責任が……。
 おかげで信長の戦いは順調に進むかと思われたが、やっぱり本願寺相手に転けるのだった。甲賀に逃げた六角氏も活動しているはずなので、ちょっとは言及してやってください。

 主人公となる浅井長政周辺の人物は磯野員昌以外はほとんど知らない状態で新鮮だった。何故か若き日の藤堂高虎も陣営にいる。
 長政の行動に、常に成功が約束されているわけではなく、小さな失敗を繰り返しながら成長しているところが良かった。気晴らしの槍投げが意外なところで役に立ったなぁ。

 お市の方と越前の領有権を巡って長政とぶつかる立場にあった柴田勝家には可哀相な展開になった。この世界の勝家の場合、居城でお市の方と焼け死んだことも、ヤンデレ行動の末に感じられてしまう……。
 加賀一向一揆の動きに戦略がある背景に本多正信の気配を感じたが、柴田勝家が参加したせいだったのか。いや、田植えを早めに済ませていたことを考えれば柴田勝家では説明がつかない。
 その辺りは2巻で分かることだろう。

覇者の系譜〈1〉目醒めた若獅子 (歴史群像新書)
覇者の系譜〈1〉目醒めた若獅子 (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:24 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1911
トラックバック