<< 覇者の系譜2〜天下人・信長の誤算 伊藤浩士 | main | 真伝 大坂の陣1〜九度山の密命 伊藤浩士 >>

覇者の系譜3〜覇王、中原に起つ 伊藤浩士

 信長は生きていた。牢人になっていた柴田勝家にあやういところを救われた信長は、浅井長政のところに逃げ込むと再起を図る。
 末端に残っていた軍勢が力をあわせて織田家の形を取り戻して行く様子は、粘菌的で興味深かった。時期的な問題もあるが、秀吉の活動が地味だ。あと、柴田勝家が一時追放されていたために、羽柴を名乗っていないのだな。代わりに佐久間信盛から一字をもらえばいいのに。

 タイミングのおかげで佐久間信盛が史実にくらべて、かなりの厚遇を受けていた。彼が活躍する歴史シミュレーションは地味に珍しいのではないか。まぁ、彼が地位を維持しても、信栄がダメ人間なので没落は時間の問題か。
 荒木村重や松永久秀も信長に謀反する前に光秀が謀反してくれて、織田側の立場を守ったので生き残っている。いろいろと不思議な地図が生まれているなぁ。
 そういえば波多野家が仕置きに名前もあがらずに没落していたような……元々光秀と対立していたのだから、もう少し上手く立ち回れば生き残れた気がする。

 織田信忠は場所が二条城と岐阜城で違っていても、同じような死に方をしていた。ギリワンたちみたいなしぶとい連中と違って、円環の理に囚われてしまったらしい。そもそも岐阜城で守ろうとするのが悪い。戦記シミュレーションの戦艦陸奥が爆沈するレベルのお約束で岐阜城は陥落していると思う。岐阜城は“超高級武士用枕”に過ぎないよ。

 浅井長政が織田信長から天下人の立場を譲られる展開は納まるところに納まった印象を受けた。これまでの描写の積み重ねの働きであろう。やはり妹婿の血縁も生きている。
 既得権益をかなり残す形の終わり方だったので、この世界の今後が心配だ。特に毛利が巨大すぎるまま残されてしまった点が気になった。北条や伊達も長政が手間取っている間に伸びてくるかもしれない。
 まぁ、古代中国でいえば、性急すぎた秦の後に、ハイブリットの政策で統治にあたった漢が興ったようなもので志のある人間が一丸となって上手くやって行く気もする。

覇者の系譜〈3〉覇王、中原に起つ (歴史群像新書)
覇者の系譜〈3〉覇王、中原に起つ (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:22 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1913
トラックバック