<< 覇者の系譜3〜覇王、中原に起つ 伊藤浩士 | main | 真伝 大坂の陣2〜真田幸村の覚悟 伊藤浩士 >>

真伝 大坂の陣1〜九度山の密命 伊藤浩士

「豊臣方につくなよ?絶対につくなよ?」
 そう、真田昌幸と片桐且元につづけて勧められたユッキーが、言いつけをきちんと守って豊臣方で戦う歴史シミュレーション。どこから改変しているのか、分かりにくい構造になっている。どうやら真田が事前にかなりの根回しをしていて、大阪での主導権を握りにいっているところが大きな違いっぽい。
 おかげで古田織部が陰ながら味方になってくれたり――この描写だと史実でも味方だったとしているのかもしれないが――他の大物牢人もユッキーが第一人者であることを認めてくれたりしている。
 牢人たちにとっては大阪の陣は豊臣家を生かす戦いであるというより、最後の見せ場をえる場所だったはず。そんな意識があるので、みんなの聞きわけの良さには違和感を覚えた。まぁ、歴史シミュレーションだからな。いろいろな解釈が許されてよい。

 完全にコネで大将に抜擢された木村重成が信長や謙信級の才能を持った指揮官だった展開には笑った。
 まるでヒョウタンから駒である。戦いが長引けば、精強部隊として周囲から評価を受けるようになるのかもしれない。彼の器が見え、戦闘経験が積めただけでも、史実にはない洛西での戦いは有益だったといえる。
 しかし、久武叔父さんが討ち死にしたのは痛すぎる。というか、扱いが軽すぎる。場合によっては長宗我部盛親より当てになると思うのだが……。

真伝 大坂の陣〈1〉九度山の密命 (歴史群像新書)
真伝 大坂の陣〈1〉九度山の密命 (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:37 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1914
トラックバック