<< 真伝 大坂の陣1〜九度山の密命 伊藤浩士 | main | F FILES No.026 図解 戦国武将 池上良太 >>

真伝 大坂の陣2〜真田幸村の覚悟 伊藤浩士

 ひこにゃんが斬られた!ひこにゃんが斬られた!
 必ずやひこにゃんの呪いはユッキーの上に振りかかり、信玄を超える残酷な行動の報いを受けさせることになるであろう。本気でそう思ってしまうくらいユッキーの思い切りがいい。極悪非道な行動もあえて行ってみせている。
 そうせざるを得ないほど追い詰められた状況に豊臣方があるとも言える。

 黒鍬衆を使っての環境テロ行為にも慄いた。具体的な方法が不明だが、堰き止めた水があふれ出すことがあれば、下流にもすさまじい被害が生じるに違いない。そうなると豊臣領も無事では済まないはずなので後始末が心配になった。
 最後は西国大名を当てにしているのかもしれない。宇喜多秀家が泳いで参戦してくれないかなぁ。

 淀殿の厄介さは冬の陣がピークで、いよいよ追い詰められて幸村に全てを託すしかなくなったら妙に聞きわけが良くなった。他の牢人も――中には捻くれている奴もいるが――協力的なので、かなり戦いやすくなっている。
 結局、その方が活躍の場面を多く得られる点は皮肉だなぁ。

 そういえば、大野治房は活躍しているシミュレーション作品が多い印象がある。兄とのコントラストが良い方向に働いているのか?

真伝 大坂の陣〈2〉真田幸村の覚悟 (歴史群像新書)
真伝 大坂の陣〈2〉真田幸村の覚悟 (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 21:36 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1915
トラックバック