<< 神変関ヶ原2〜毛利の参戦、徳川の奸謀 伊藤浩士 | main | イラク(ナショナルジオグラフィック世界の国) チャーリー・サミュエルズ >>

神変関ヶ原3〜豊臣の結束、徳川の崩壊 伊藤浩士

 豊臣と徳川によって繰り返し戦場にされたあげくに、どっちが勝っても本拠地にされることのない美濃尾張三河が哀れすぎる。史実でもそうだったが、この作品では悲惨さが際立っていた。大量殺戮者を生んでしまった報いなのか……。

 家康と勝俊の戦いはまるで項羽と劉邦だ。家康のいないところが積極的に攻撃される。後方で蠢動する上杉や佐竹は彭越の役目を果たしている。
 勝負を決めた作戦はかなり独特のモノだったが……大垣城でも水攻めで勝っているし、勝俊は水攻めと相性がいいな。豊臣の後継者らしいとも言える。

 論功行賞では日和見大名が二割を削られまくっていて可哀想だった。とくに伊達政宗は激怒したのでは?理由があって動けなかった九州の大名はラッキーだな。それでも意地で兵を送っていれば分け前にあずかれたと思うのだが、特に加藤清正はやる気が足りない。まぁ、彼は棚ぼたしたか。 勝俊のつくる天下の姿が朧気ながらみえてきて、家康が天下を取らなかった話にしては安心できる幕閉めだった。
 家康は肥大化した自分の「キャラクター」に食い殺されてしまった印象。時代の先を行きすぎている。

伊藤浩士作品感想記事一覧

神変 関ヶ原〈3〉豊臣の結束 徳川の崩壊 (歴史群像新書)
神変 関ヶ原〈3〉豊臣の結束 徳川の崩壊 (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:37 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1945
トラックバック