<< ポンプ〜選び方とシステムの改善 佐藤良男・高田勉 | main | 安土大乱記2〜狂気の終焉 伊藤浩士 >>

安土大乱記1〜信長の狂乱天下 伊藤浩士

 殿様ご乱心!安土城の天主閣でシックハウスに掛かった信長が、家臣への猜疑心に駆られて大量虐殺を繰り広げる。
 信長の豹変にたまらず光秀が策謀して、秀吉や家康を味方に付けるための手を打った。史実よりも巧みに立ち回っている印象だが、被害はやたらと巨大なものになってしまっている。
 住民が消滅したら権力も何もないのになぁ。まだ毛利や北条が残っている状態で国力を落とすようなことをすれば、秀吉たちを掃討できても最終的な滅亡は免れない。
 ずいぶん短気な愚か者にされてしまったものだ。本当に怖いね、シックハウス。

 棚からぼた餅で復帰した佐久間親子が家康の引き立て役に終わっていた。自分が敵を罠にかけるつもりでいたのに、実際は家康の手のひらで踊って終わってしまうのだから救われない。
 家康の戦場勘は流石の一言で、三河を戦場にする限りは負ける気がまったくしなかった。北条の後ろ盾もあるし、徳川家を攻めきるのは無理なんじゃないかなぁ。
 でも、この信長に秀吉のような妥協はできない。兵力は北陸勢と美濃勢があるものの、すでに手詰まりに陥っている。桶狭間のときや、信玄の病死前も、そんな感じだったから信長の場合は分からないが……周囲の人間もそう考えざるを得ないところが最大の強みなのかもしれない。

伊藤浩士作品感想記事一覧

安土大乱記〈1〉信長の狂乱天下 (歴史群像新書)
安土大乱記〈1〉信長の狂乱天下 (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:20 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1979
トラックバック