<< 安土大乱記1〜信長の狂乱天下 伊藤浩士 | main | 慶長疾風録1〜前田慶次郎、関ヶ原に出陣す 伊藤浩士 >>

安土大乱記2〜狂気の終焉 伊藤浩士

 信長への反乱包囲網が止まらない。我が身を質にした秀吉の説得が功をそうして、前田利家が信長から離れ、連鎖的に織田信忠までもが中立を決めてしまう。
 織田信長もここまでされてしまえば万事休す。明智光秀が美味しいところを浚う形で信長を討ち取った。民衆には多くの犠牲を出したが、史実よりは巧みな形で勝利に持って行ったと言える。民衆を虐殺したのも信長の責任だし、裏切り弑殺の汚名を最低限にしている。

 狂気に染まってはいたが、信長本人がなかなかの軍略をみせてくれるシリーズだった。徳川家康を撃退した手並みは実に鮮やか。大和と伊賀の攻略は残酷だが、短期的には効率が高い。
 だが、それ以上にイラストの信長が怖すぎて悪夢に出そうだ。表紙の信長は背後にもう一人の信長が描かれていて、その目を剥いている……彼に対抗する武将たちの勇気が引き立てられる悪役ではあった。秀吉の冒険には心躍った。さすが捨て身の行動が似合うなぁ。
 毛利新介に討たれたのも何か運命的なものを感じさせた。

 ふりかえると部屋は人格形成に大きな影響を与えるってことが、本作のテーマかな。信長の部屋以外にも信忠の部屋や家康の部屋、利家の部屋が描写されていた。
 あと、一部で有名な天空の城、竹田城がそこそこ活躍していたことも記憶に残る。前田慶次郎と吉田兼子のロマンスについては爽やかな読後感を受けたような、単純にねたましいような……。

伊藤浩士作品感想記事一覧

安土大乱記2 (歴史群像新書)
安土大乱記2 (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 00:03 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1980
トラックバック