<< 黒田官兵衛〜智謀の戦国軍師 小和田哲男 | main | 天上の覇者1〜安土遷都 神尾秀 >>

慶長疾風録2〜家康、東海の逆襲 伊藤浩士

 面白いんだけど、とことん疾走感のない疾風録である。いいのか?
 慶次郎が補給に非常に気を使っている上に、金策の話まで出てきて、じっくりしている事この上ない。毛利家から大阪に米が入らないことを利用した話は面白かった。
 お主も悪よのう。

 前田利長と慶次郎のおかげで前に出ないで済んでいる石田三成が適所を与えられて生き生きしている。
 これくらいのポジションが石田三成には似合っている。史実の三成も毛利輝元が主導権を握ってくれたら動きやすかっただろうに……。

 度重なる東軍の敗北によって豊臣恩顧の武断派大名たちが無惨な状態になってきた。もともと身代が大きくないのにーー関ヶ原による史実の加増は大きいーー領地を荒らされ補給も後回しにされて、ボロボロである。それでも家康についていくしない状況は地獄に近い。
 ひとり加藤清正だけは九州にいて、黒田官兵衛と一緒に暴れ回っているが……運のいい男だ。

 家康がみせた東海道筋の城を空にしての撤退作戦はちょっとした焦土作戦だな。それでも領民に危害は加えないどころか、賃金を払っているあたりが「内戦」である日本の戦国時代らしさか。
 連歌や天皇の論旨など豆知識が多くて勉強にもなった。

伊藤浩士作品感想記事一覧

慶長疾風録〈2〉家康、東海の逆襲 (歴史群像新書)
慶長疾風録〈2〉家康、東海の逆襲 (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 00:55 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/1998
トラックバック