<< 銃声のやんだ朝に ジェイムズ・リオーダン | main | リモートセンシング読本〜インターネットの情報満載 岩男弘毅 >>

北極グマ カナダ ナショナルジオグラフィックDVD

 英名を素直に訳せば「北極グマ注意報」。カナダハドソン湾岸の町チャーチルを通り道とするクマと人の多角的な交流が描かれる。
 最悪のものは流血沙汰で片腕を失った男性のインタビューと、ヒステリー気味なオバちゃんに撃たれて死んだクマの映像があった。あのオバちゃんは恐怖と射撃で明らかに興奮状態だったが、こんな映像が流れて動物保護団体から批判を浴びなかったのだろうか、ちょっと心配になった。まぁ、あまり快いものではない。

 しかし、じゃれあうクマの様子は案外かわいいもので住民たちも眺めて楽しむことがあるようだ。人口1100人(1982年当時)のチャーチルでは娯楽が少ないこともあるのだろう。特に小熊の可愛さは国宝級で抱き上げて頬擦りしたくなった。それに、たいていのシロクマは薄い黄色に汚れているのだが、小熊は初雪のように真っ白で美しかった――普通のクマでも美しい奴は確かにいたけど。

 映像の舞台裏〜挑み続けるカメラマンで出てきたデビット・ハイザー氏が檻の中からクマを撮るシーンはここに収録されていたか。多弁なのもあのインタビューをみた後では恐怖感を紛らわすためのものだったと分かる。
 それでも撮影の手は休めない彼は、やはりプロだ。

北極グマ カナダ
北極グマ カナダ
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 07:16 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 07:16 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/200
トラックバック