<< 全訳「武経七書」司馬法・尉繚子・李衛公問対 守屋洋 | main | 図解 粉粒体機器トラブル改善事例集<増補版> >>

慶長疾風録3〜かぶき者、天下人をつくる! 伊藤浩士

 東国に押し込められた徳川家に最期の時が訪れる。いや、温情のある処置で家と領地の一部は残ったけれど……家康と本多忠勝が本気で抵抗をし続けていたら、鉄砲がなくても相当の被害が出ただろうな。そうして失われた命で、関東を開発した方がトータルでは絶対に得である。
 石田三成も戦いを通して、いろいろと学んで来たようだ。同時に三つ子の魂百までな側面も見せてくれたが。

 牧の原台地の戦いは別働隊を榊原康政に指揮させていれば、確実に徳川家が勝っていたわけで、軍事面でも家康の判断ミスが浮き彫りになったと感じた。政治面ではやっぱり新皇のでっちあげは大技すぎた。このワイルドさが、戦国時代をよく知る古株らしいと言えなくもない。

 諏訪湖での最終決戦は思わぬ展開になって面白かった。芸の描写がしっかりしているからこそ読んでいて映える。皇国の守護者における虎城での戦いを思い出した。
 敵のもっとも弱いところを攻撃するのは考え方によっては「正攻法」であるのだが、家康相手に「奇策」になってしまった駆け引きの妙が愉快だ。正は奇となり奇は正となる。それまでの流れから円環のように移り変わっていく。それが兵法だ。

 論功行賞で伊達家が領土を削られまくっていて笑った。この世界の政宗は同じかぶき者として慶次郎に何を思ったことか……。
 あと、大老に前田が二人いるのはバランス的にどうなのか。滝川だと思えば、そこそこバランスが取れている気もするが。

伊藤浩士作品感想記事一覧

慶長疾風録〈3〉かぶき者、天下人をつくる! (歴史群像新書)
慶長疾風録〈3〉かぶき者、天下人をつくる! (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 12:41 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:41 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2006
トラックバック