<< 古代中国〜兵士と馬とミイラが語る王朝の栄華 | main | 真田勇軍記2〜幸村、西海に決起す 伊藤浩士 >>

真田勇軍記1〜昌幸、三分の計 伊藤浩士

 死にかけた真田昌幸は身体を張った計略により、加藤清正に自分が秀吉の子供だと思いこませる。そこから家康に対抗する志をもった清正はさっそく真田に協力を求め、史実より一足早い大阪の陣がはじまるのであった。大大名になってから、とんでもない情報工作に人生を賭けるとは……冒険家肌と好意的に言っておこうか。

 ユッキーが考えた天下三分の計は大阪が徳川軍を引きつけている間に西国を清正に押さえさせようと言うもの。三分とは言っても豊臣秀頼は領土が増える可能性に乏しく、かなり損な役回りである。
 実際の状況と清正の野望を知れば反発も強まるであろう――が敵の圧力によって軽々しく動けないのが中間の立地にある辛さだ。
 グランドプランとしては、黒田如水の影響が色濃い。その黒田家が純粋に徳川側になっている点が残念だな。まぁ、後藤又兵衛の動きもあるので大阪や清正に味方する可能性はないか。女々しい奴。

 本多政重が無能なバカとして描かれていたのは悲しかった。ちょっと面倒くさいだけじゃないですか……ちょっと?いや、それなり、けっこう。

 牢人した大名による旧領の扇動工作は、山内氏が支配する土佐に目をつけている点で皮肉な笑いを殺しきれない。他はともかく、あそこは荒れるだろうと信じてしまえる。
 新宮行朝による紀伊の攪乱は予想外だけに面白かった。はるばる八丈島から舞い戻った宇喜多秀家は福島正則の支援が期待できるな。
 反徳川方が有能すぎるきらいはある――御宿勘兵衛とか――ものの混沌とした状態が楽しい作品だ。いちばん混沌を楽しんでいるのは多分、政宗。

伊藤浩士作品感想記事一覧

真田勇軍記〈1〉昌幸、三分の計 (歴史群像新書)
真田勇軍記〈1〉昌幸、三分の計 (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:29 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2012
トラックバック