<< フィールドワーク関ヶ原合戦 藤井尚夫 | main | 戦国龍虎伝2〜義将救出 中里融司 >>

戦国龍虎伝1〜天下分裂 中里融司

 やっぱり隠し玉の正体は竹中半兵衛か。竹中半兵衛が関ヶ原の時点まで密かに生き残っていて、家康(と黒田官兵衛)の天下取りを妨害する話。
 引っ張った割に捻ったわけでもなく、なんだか疲れてしまった。関ヶ原後の状況を作るまではひたすら史実の焼き直しで、新しい部分が少ししかない。関ヶ原は大舞台とはいえ、冒頭から引き延ばしを食らっている印象を受けてしまった。
 天下が東西に分裂してからがお楽しみだが、東の真田昌幸、西の黒田官兵衛という引っかき回し要員がひかえていて、活躍を期待させてくれる。特にたいした元手もないのに信州をまるまる切り取ってしまった真田昌幸は凄まじい。
 東には上杉景勝が生き残っていて、孤立状態を免れていることが、彼を支えているのだろう。太平洋側と日本海側に分断された東軍の状態はかなり不安定だ。
 家康が単独で巨大だから押さえが効いているとはいえ伊達政宗の悪い虫が疼き出しているはず。

 関ヶ原の描写は、小早川秀秋に悪意満々でかなり可哀想になった。秀吉の扱いを考えれば恨みを蓄えていても仕方がない立場なのに、三成たちこそいろいろ棚に上げすぎだよ。
 死んだ人間のことは悪く言いにくいかもしれないけど、彼らが苦労しているのも秀吉が秀次を因縁付けて殺してしまったせいだよね……。
 やるせない。

戦国龍虎伝〈1〉天下分裂 (歴史群像新書)
戦国龍虎伝〈1〉天下分裂 (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:03 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック