<< 帝国海軍狙撃戦隊 林譲治 | main | 戦争の起源 アーサー・フェリル著/鈴木主税・石原正毅 訳 >>

帝国海軍狙撃戦隊3 林譲治

 オーストラリア沿岸で繰り広げられる第10戦隊とアメリカ海軍の死闘!戦艦ワシントンとB-24を装備した海軍航空隊という異色のコンビが神出鬼没のポケット戦艦を追いつめる――つもりで翻弄される。
 なかなか手に汗握る裏のかきあいだったが、エッカート中佐はドヤ顔でキリキリ舞させられた印象が拭えない。策士キャラというのは成功して当然、失敗すれば一挙にカリスマを失ってしまいかねない。
 辛いものだ。

 昼行灯的だが航海科の出身を徹底的に活かした井荻司令官は、その点でも狡猾と言える。
 それにしてもニューギニアからオーストラリアにかけてを戦場にするのが好きな作者である(日本軍メインの短めのシリーズでは他に展開しようがないのも分かるが)。焦熱の波濤で集めた資料がよほどのお気に入りになっているのか。ちょっと見てみたい――そういえば次はシドニーと見せかけてニュージーランドを叩くのは流石に無理だったのかな。
 仮に燃料がもっても退路が読みやすくて生き残れない気はする。タービン機関じゃなくて、ディーゼル機関だったら違ったのだろうけど。

 無理に無理を重ねて酷使され続ける第10戦隊の姿にブラック企業的なものを感じてしまった。軍隊こそは、ああいう文化がはびこる土壌がもっとも強いわけで、第二次世界大戦時のアメリカ軍のホワイト(そういう情報ばかり耳にしているせいかもしれないが)ぶりとの対比をやれば、興味深い内容になりそう。
 でも、読んでて辛い……。

 最後はボロボロだけど灰になるまで戦い続けるぜというハードボイルドな雰囲気で話が終わった。僚艦を失った鞍馬はいつまで戦い続けるのか。もしかしたら、もう一つの砲塔も失って空母に改造されてしまうのでは――赤外線探知機があるからそれはないな。あれこそが鞍馬級の最重要装備。
 鞍馬の戦果と、技術的な底上げを活かして、うまく(将兵に無理に重なる無理を強いずに)戦ってほしいところだ。

林譲治作品感想記事一覧

帝国海軍狙撃戦隊 3 (ジョイ・ノベルス)
帝国海軍狙撃戦隊 3 (ジョイ・ノベルス)
カテゴリ:架空戦記小説 | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 10:13 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2125
トラックバック