<< 興国の楯 通商護衛機動艦隊 ニューギニア密林死闘編 林譲治 | main | けんぷファー1巻 築地俊彦 >>

興国の楯 通商護衛機動艦隊 強襲!ラエ沖大海戦 林譲治

 大日本帝国海軍無視される。もうね、不要論を唱える奴が現れても不思議はない。シーレーンの防衛という海軍究極の任務は通商護衛機動艦隊が受け持っているし、直接的な戦果でも陸軍機の雷撃に先を越される始末(P−38ライトニングは雷撃をできたらしいが、それにしてもよくやらせる)。いったい海軍が何をしたというのだろう。
 調子こいてアメリカを仮想敵国にしたあげく、300万人ほど日本人が死ぬ原因をつくっただけじゃ……滅んでよしッ!
 戦力はフィクションゆえに徹底的に高められているものの、経済性においても通商護衛機動艦隊の方が上……あの組織をそのまま拡充できるかは疑問が残るものの、連合艦隊の機能不全ぶりに比べるとよっぽどマシだ。

 しかし、三式戦を軽空母に搭載しているような記述が見受けられたが可能なんだろうか。着艦は強制制動が掛かるにしても発艦距離が足りるのか疑問だ。それができれば、零戦よりも使い出がいいのも事実だけど。
 陸軍機の雷撃が輪形陣を外側から削って行くのは先進的なようでもあり、常識の内側のようでもある。最大の脅威である戦車に全火力を叩き込むような戦術も持っているから、トーチカに対処するように行動するか、何でもかんでも戦艦・空母に叩きつける方を選択するかは実際のところなんともいえない。
 そもそも陸軍機で爆撃ならともかく雷撃までやらせてしまう発想が普通はでてこないだろうからなぁ。

興国の楯―通商護衛機動艦隊 強襲!ラエ沖大海戦
興国の楯―通商護衛機動艦隊 強襲!ラエ沖大海戦
林 譲治
カテゴリ:架空戦記小説 | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 09:59 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/213
トラックバック