<< 三国志合戦事典〜魏呉蜀74の戦い 藤井勝彦 | main | これはゾンビですか?16〜まあ、さいきんはとくに 木村心一 >>

風は山河より 第三巻 宮城谷昌光

 ずっと雪斎のターン!いや、寿命がくるまで雪斎のターン!
 三河に乗り込んだ黒衣の宰相が現地勢力や織田軍を叩きのめす。寿命以外は何も彼を止められない様子だった。松平清康が生きていて雪斎と衝突したら、どんな戦いになったことか。作中の描写なら三河に進出せず、戦いにならなかった可能性の方が高いな。
 雪斎の三河人に対する評価が厳しいもので、道理はそうなのかもしれないが、辛かった。逆に織田信秀は三河人に甘いところがある。平均的な駿河人と尾張人なら逆の態度になりそうなものだが、宗教者と商人の違いも影響しているのかな。三河は農民と属性が綺麗に分かれている。

 織田と松平以外にも多くの勢力が愛知県には存在して、状況によって表面に出てくることが、他の巻以上に目立つ巻だった。吉良氏や戸田氏、奥平氏は有名どころとして、独立勢力としての佐久間氏や阿治波氏などなかなかにカオスである。もちろん菅沼氏も忘れてはいけない。
 勢力は簡単に塗り分けられる地図にはなっていなくて、道は情勢によって通行可能だったり不可能だったりする。綺麗に統一される前の複雑な政治状況を少しは肌に感じることができた。
 広忠の「これからだ」という所での横死は悲しい。二度あることは三度あるで家康も家臣から心配されていたに違いない。よくあんなに長生きしたものだ。

宮城谷昌光作品感想記事一覧

風は山河より 第三巻
風は山河より 第三巻
カテゴリ:時代・歴史小説 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 10:03 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2140
トラックバック