<< もっと知りたい日本100名城〜近世の城編 日本城郭協会・監修 | main | 談論 中国名将の条件 陳舜臣・田中芳樹 >>

覇者の戦塵1944〜サイパン邀撃戦・下 谷甲州

 島嶼戦……蓮美大佐……うっ、頭が!

 邀撃準備の伏線と、これまでの登場人物をふんだんに活躍させて蓮美大佐劇場が幕を上げてしまった。「列車砲」の上で指揮をとる大佐の姿に大ウケ。人間離れした視力はどうやって身につけたものなのやら、想像したくもない!
 まぁ、サイパンから密かに飛行機(絶対自分で操縦している)で抜け出したりしているものね、赤外線がみえていても不思議はないね。
 蓮美大佐はほとんどMAP兵器だなぁ。しかも、サイパン島だけでは飽きたらず、テニアン島まで射程におさめようと貪欲だから始末におえない。

 秋津大佐と蓮美大佐が顔をあわせる展開には燃えた。年齢は逆なのに、秋津大佐が保護者にみえてしまうよ……いや、森林レンジャーと怪異にまみれた森の主と言った方が近い関係かな?
 室尾技師の理不尽な酷使は、海兵隊の伝統だな。そういえば、黒崎飛曹長は元気にしてるだろうか――「死ぬ寸前で元気に戦っている」に決まっていた。愚問でした!

 アメリカ軍の稼働率が低い理由には現代の労働問題に通じるものがあって粛然とさせられた。必要に迫られて補助空母の飛行隊を酷使しているのも、同じアメリカ軍だけれども……この状況では設備が整って飛行甲板が大きな正規空母を後退させたことが余計に大きな消耗につながっている可能性が高い。
 翔竜による空母潰しがボディブローのように効いている。それを言い出したら重雷装艦の戦艦潰しも、伊五四と伊五六の輸送船団襲撃も、ボディブローだった。さらに蓮美大佐の翔竜攻撃と、伊五四の魚雷+翔竜攻撃が続く。
 これはもう、レバーが完全に破裂している……秋津大佐が読んだとおり、戦略の転換をおこなっていて当然である。では、その戦略とは何なのか?
 さらに投機的な手に出てくるよりは、堅実に基礎固めからやり直す方がアメリカらしい。間接的アプローチで大慶油田に攻撃をしかけてきたら物語が始まった場所で終わることになるが、ソ連の状況もあって難しいだろうな。

谷甲州作品感想記事一覧

覇者の戦塵1944 - サイパン邀撃戦 下 (C・Novels 41-45)
帯の「出撃、三式中戦車。サイパンの市街地が廃墟と化す!」って煽りの「そこじゃねぇだろ」感は異常。さては、わざとやってるな?
カテゴリ:架空戦記小説 | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 19:59 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2157
トラックバック