<< 「倭国乱」と高地性集落論〜観音寺山遺跡 若林邦彦 | main | 黒耀石の原産地を探る〜鷹山遺跡群 黒耀石体験ミュージアム >>

北の黒曜石の道〜白滝遺跡群 木村英明

 恐るべき趣味人、遠間栄治!
 紹介されている地域で、仕事の傍らにせっせと黒曜石出土品の収集を続けた遠間氏のことが最も記憶に残った。長野県の鷹山遺跡群でも似たようなことをしていた児玉司農武氏が紹介されていて、アマチュアとプロの理想的な関係の例をみた気がした。

 でも、本書で「盗掘の痕跡がほとんどない」と記述された時に、遠間氏の行動が痕跡だけからみると盗掘に含まれそうでドキッとした。
 発掘するときの記録精度が段違いだからなぁ。現代の考古学研究はやっぱりプロに任せて、アルバイトで参加するのが無難である。

 白滝遺跡群はスケールの大きな北海道だけに、やたらと規模が大きくて、黒曜石の露頭が複数あらわれている。人の頭を超えるサイズがあるどころではなく、鷹山遺跡群との違いが印象に残った。
 そりゃ今でも体験学習のために本土に輸出されるわ。
 黒曜石鉱山としての歴史が非常に長いことも特徴で、おかげで大量の遺物が残されている。出土点数を聞くだけで気が遠くなった。考古学に関わる人間の根気には、本当に感心する。
 樺太のソコル遺跡からも北海道産の黒曜石石器が見つかっているとのことで、先史時代の世界も決して狭くなかったことが感じられた。

関連書評
アイヌの世界 瀬川拓郎

北の黒曜石の道・白滝遺跡群 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
北の黒曜石の道・白滝遺跡群 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
カテゴリ:歴史 | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 21:23 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2168
トラックバック