<< 邪馬台国の候補地〜纒向遺跡 石野博信 | main | 筑紫政権からヤマト政権へ〜豊前石塚山古墳 長嶺正秀 >>

土器製塩の島〜喜兵衛島製塩遺跡と古墳 近藤義郎

 瀬戸内海の無人島になぜか大量の古墳が。しかも、海岸には土器の欠片が散乱している。地元住民からは「あんごう」島と呼ばれる喜兵衛島の謎を明らかにするため、著者たちが12年越しの発掘調査に挑んだ。

 タイトルから明らかなように製塩用の土器が海岸に散らばる欠片の正体だったわけだが、製塩を行うための燃料は現場で確保したのか、周囲から持ってきたのか、新しい疑問が湧いた。なぜ、喜兵衛島で製塩を行わなければならなかったのか。その条件も気になるところだ。製塩土器の師楽式土器を作りやすい条件が整っていたのかなぁ。そういえば土器を役にも燃料が必要である。
 喜兵衛島は防衛と物資集積のバランスが良かったのかもしれない。さらに塩を輸出するにも海の道を使うわけで。

 古墳の発掘記録では、出土品は質素ながらも未盗掘のものが意外と多くて興奮した。しかも、時間の都合から発掘しきれなかった石室があるようだ。今からでも追加調査できないものなのか……もっと多くの遺跡が日本中で発掘を待っているからなぁ。
 古墳を築いたのが、貴族や豪族ではなく、豊かな製塩の民だったという結論は、豪族の境目が問題になる気もした。瀬戸内海で幅広く商売をやっていくためには、相当なコネが必要だったはずで、彼らの代表者を平民に含めてよいものか。
 それでもイメージを一新させる発見であることは疑いがない。

関連書評
邪馬台国の候補地〜纒向遺跡 石野博信

土器製塩の島・喜兵衛島製塩遺跡と古墳 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
土器製塩の島・喜兵衛島製塩遺跡と古墳 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
カテゴリ:歴史 | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 21:40 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2173
トラックバック