<< 古墳時代の地域社会復元〜三ツ寺軌篝廖ー禧硬 | main | アルスラーン戦記14巻〜天鳴地動 田中芳樹 >>

縄文の漆の里〜下宅部遺跡 千葉敏朗

 また湿地の遺跡か……水によって酸素が遮断され有機質が遺されている湿地の遺跡。それが多く感じるのは、間違いなく、重要な遺物がそれだけたくさん出ているため、遺跡を学ぶシリーズに多く取り上げられているせいであろう。
 どんな時代でも一定して重要な印象だが、現代が考古学の対象になった時はどうだろうなぁ。

 縄文時代の下宅部遺跡からは漆にまつわる道具や、漆掻きがおこなわれた痕跡のある漆の木材が発見されている。
 海外では日本の名前で呼ばれる漆器の歴史が古いことをよく物語る遺跡である。こういう技術が連綿と受け継がれてきて、今の漆器があるわけで、忘れられても失われていないものもあるのだ。
 研究に関しては現在の漆利用の知識も利用されていて、連続性のあることが歴史研究をしやすくする一例にもなっている。
 ところで、漆は普通じゃなかなか発芽しない実を生らすようで……まともに繁栄する気が感じられない植物だ。

 弓についての儀礼の解釈も興味深かった。わざわざ折るための弓を作るなんて、意外と生活に余裕があるなぁ。

新泉社 遺跡を学ぶシリーズ感想記事一覧

縄文の漆の里・下宅部遺跡 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
縄文の漆の里・下宅部遺跡 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)
カテゴリ:歴史 | 07:21 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 07:21 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/2222
トラックバック